プロパティセレクター

プロパティセレクターを使用すると、API レスポンスで返されるプロパティを設定できます。これらを使用すると、サイズの大きいレスポンスから不要なプロパティを削除し、サイズを縮小できます。

プロパティセレクターを使用するには、リクエストに select パラメーターを含めます。たとえば、getProductname プロパティのみを選択するには、select=(name) セレクターを使用します。

セレクター値は括弧で囲む必要があります。以下のセレクターがサポートされます。

機能選択したパラメーターの値
1 つのプロパティを含めます。(property)
1 つのプロパティを除外します。(-property)
複合プロパティを含む、すべてのレベルのプロパティを含めます。(**)
複合プロパティを除く、トップレベルのプロパティを含めます。(*)
下位ドキュメントプロパティを含めます。(property.(**))
1 番目のドキュメントを返します。インデックスは 0 から始まります。(property[0].(**))
最初の 5 つのドキュメントを返します。(property[0:4].(**))
2 番目、4 番目、および 6 番目のドキュメントを返します。(property[1,3,5].(**))

複数のプロパティを選択するには、コンマ区切りの値を使用します。たとえば、namerecommendations (その下位を含む) を選択するには、select=(name,recommendations.(**) セレクターを使用します。

下位プロパティを選択するには、すべての結果レベルを含めます。たとえば、variantsproductId を選択するには、select=(variants.(productId)) セレクターを使用します。

セレクターを使用してプロパティを除外することもできます。プロパティを除外するには、まずプロパティを含めてください。たとえば、inventory から backorderable を除外するには、select=(inventory.(*,-backorderable)) を使用します。