DecryptSymmetric

概要

この関数は、指定されたアルゴリズムと暗号化値を使用して、暗号化されたデータを暗号化解除します。パスワード、初期化ベクトル (IV)、salt の値または有効な外部キーを指定します。Marketing Cloud アプリケーションの [キー管理] セクションで以前にキーを作成している場合、外部キーも使用できます。それ以外の場合、関数はパスワードパラメーターまたは保存値、salt パラメーターまたは保存値、IV パラメーターまたは保存値を使用してパスワードを生成します。初期化ベクトルを渡したり、参照したりしない場合、関数はパスワードパラメーターまたは保存値を初期化ベクトルとして使用します。この関数は、キーで直接指定するか参照する Salt 値と IV 値を 16 進文字列として処理します。文字の各ペアは、より大きな文字列の 1 バイトを表します。これらの値を暗号化文字列として使用しないでください。これらの文字列は、この関数を使用して正常に暗号化解除できません。Base64Encode() 関数と Base64Decode() 関数で EncryptSymmetric() 関数と DecryptSymmetric() 関数をラップすると、最終文字列をプレーンテキストで表示できます。Marketing Cloud 内に含まれているデータに対して使用できる AMPscript 関数は、EncryptSymmetric() と DecryptSymmetric() のみです。Marketing Cloud では、外部またはサードパーティの暗号化および暗号化解除機能と共にこれらの関数を使用することはできません。

構文

DecryptSymmetric(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須関数に渡される暗号化データ
2string必須データを暗号化するために使用されるアルゴリズム。有効な値は、aes、des、tripledes などです。
3string必須パスワード外部キー
4string必須パスワード
5string必須Salt 外部キー
6string必須Salt 値
7string必須初期化ベクトル外部キー
8string必須初期化ベクトル値

使用状況

DES または TripleDES アルゴリズムの省略可能なモードまたはパディング値を設定できます。

モード

  • cbc - デフォルト
  • ecb
  • ofb
  • cfb
  • cts

パディング

  • なし
  • pkcs7 - デフォルト
  • ゼロ
  • ansix923
  • iso10126

以下の例では、関数が @endData の値を暗号化解除したら、@clearData 変数にそのデータを設定します。この例では、パスワード、salt、IV に指定値を使用して、宣言されていない変数 @null. に外部キー値を設定します。以下の例で指定された Salt 値と IV 値は 16 進文字列を表します。Salt 値には 8 バイトの情報が含まれ、IV 値では 16 バイトが提供されます。

以下の例では、指定値の代わりに外部キーを使用します。