FormatNumber

概要

指定された形式で使用される小数点以下の桁数が値自体の小数点以下の桁数よりも少なく、残りの数値が 5 以上の場合、この関数は小数を切り上げます。指定された形式で使用される小数点以下の桁数が値自体の小数点以下の桁数よりも少なく、残りの数値の合計が 5 未満の場合、この関数は小数を切り下げます。-9,223,372,036,854,775,808 ~ 9,223,372,036,854,775,807 の範囲外の整数は、指数表記で出力されます。

構文

FormatNumber(1, 2, 3)

関数のプロパティ

序数説明
1numeric必須指定された形式を取得する値
2string必須有効な形式種別の値:
  • C - 通貨
  • D - 10 進数
  • E - 指数
  • F - 固定小数点
  • G - 標準
  • N - 数値
  • P - パーセント
  • R - 往復 (文字列に解析された値を数値に戻すことができる形式)
  • X - 16 進数
  • 必要に応じて、このコードの後に数値の精度を示す数値を指定できます。たとえば、精度が 2 の通貨値の場合、パラメーター C2 を使用します。
3string正しい日付形式を示すために使用されるカルチャーコード

使用状況

例 1

システムは次の値を返します。

例 2

システムは次の値を返します。