AttachFile

概要

ファイルを送信メールメッセージに添付し、メールを Web ページとして表示するときにファイルへのリンクを含めることができます。この機能を使用する前に AMPscript メールの添付ファイルをアカウントで有効にするには、Marketing Cloud アカウントの担当者にお問い合わせください。送信ジョブが途中で停止する原因となるエラーのしきい値を調整する場合も、アカウント担当者にお問い合わせください。この機能を使用すると、1 つのエラーでジョブ全体が停止することを防ぐことができます。

構文

AttachFile(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須ファイルを取得する場所。有効な値は、HTTP、FTP、Portfolio (従来のポートフォリオの場合)、または ContentBuilder (Content Builder の場合) です。
2string必須添付ファイルを取得する場所。最大 2088 文字。HTTP を選択した場合は、URL を指定します。FTP を選択した場合は、拡張 FTP サイトのインポートフォルダーにあるファイルの名前を指定します。Portfolio または ContentBuilder を選択した場合は、外部キーを指定します。
3stringシステムがファイルをメールメッセージに添付するときにそのファイルに割り当てられる名前。新しい名前を指定しない場合、関数は元のファイル名を使用します。HTTP オプションの値を指定しない場合、関数は HTTP ヘッダーの Content-Disposition 情報を使用します。ファイルを提供するサーバーによって Content-Disposition 情報が提供されない場合、関数は自動生成値を使用します。Content Builder でファイル名とファイル拡張子を含めないと、ファイル拡張子がドロップされます。
4boolean添付ファイルへのリンクが [Web ページとして表示] に表示されるかどうかを示します。文字列が HTTP の場合にのみ使用します。
5string[Web ページとして表示] で使用する添付ファイルへのリンクの URL。文字列が HTTP の場合にのみ使用します。
6string[Web ページとして表示] で使用する添付ファイルへのリンクのテキスト。文字列が HTTP の場合にのみ使用します。
7int[Web ページとして表示] にリンクが表示される日数。文字列が HTTP の場合にのみ使用します。
8booleantrue にすると、デフォルトが inline の場合に Content-Disposition が inline から attachment に変更されます。

使用状況

この例は、Web サイトから送信メールに PDF ドキュメントを添付します。このメールには、[Web ページとして表示] のファイルへのリンク、および「Click here to download your catalog」(カタログをダウンロードするにはここをクリック) というテキストも含まれます。このリンクは 4 日後に [Web ページとして表示] で期限切れになります。

添付ファイルの名前を変更する場合は、次のように省略可能なファイル名引数を入力します。

次の例は、拡張 FTP サイトのインポートフォルダーから Word ドキュメントを添付します。また、添付するときに受信者の氏名と文字列「NewCatalog.doc」を連結して新しいファイル名にします。

次のファイルの種類は、Marketing Cloud を介して送信されるメールに添付できます。

ファイル種別MIME 種別
docアプリケーション/msword
pdfアプリケーション/pdf
rtfアプリケーション/rtf
pkpassアプリケーション/vnd.apple.pkpass
xlsアプリケーション/vnd.ms-excel
pptアプリケーション/vnd.ms-powerpoint
docmアプリケーション/vnd.ms-word.document.macroEnabled.12
pptxアプリケーション/vnd.openxmlformats-officedocument.presentationml.presentation
xlsxアプリケーション/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet
docxアプリケーション/vnd.openxmlformats-officedocument.wordprocessingml.document
rarアプリケーション/x-rar-compressed
icsapplication/ics
xmlアプリケーション/xml
zipアプリケーション/x-zip-compressed
zipアプリケーション/zip
wavオーディオ/wav
wavオーディオ/x-wav
gif画像/gif
jpeg画像/jpeg
jpg画像/jpeg
jpgimage/jpg
png画像/png
pngimage/x-png
tif画像/tiff
tiff画像/tiff
icsテキスト/カレンダー
csvテキスト/csv
htmテキスト/html
htmlテキスト/html
txtテキスト/プレーン
rtfテキスト/rtf
vcfテキスト/vcard
vcftext/x-vcard
xmlテキスト/xml
mp4動画/mp4

この関数は、HTTPS を介したセキュアな転送をサポートします。リモートサーバーが 30 秒以内に AttachFile() 呼び出しに応答しない場合、送信は 15 分後に再スケジュールされて再試行されます。

メールメッセージの送信に使用するアカウントに含まれるファイルのみを添付できます。この関数は、Content Builder またはポートフォリオからの共有コンテンツをサポートしません。

メールの添付ファイルに関するその他の情報を確認してください。