BarCodeURL

概要

指定された情報を使用して指定されたバーコードを生成します。この関数は、マトリックス (2-D) バーコードをサポートしません。1 つのメッセージまたはランディングページごとに、この関数を最大 2 回使用します。

構文

BarCodeURL(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須バーコードに変換する値
2string必須作成するバーコードの種別。
3numeric必須バーコードの幅 (ピクセル単位)
4numeric必須バーコードの高さ (ピクセル単位)
5stringバーコードのチェックサム値
6boolean文字列のバーコード値をテキストとして表示します。0 の値は、指定された代替テキストを表示します。1 の値は、バーコード値をテキストとして表示します。
7string序数 6 に 1 の値が含まれる場合に表示する代替テキスト
8int必須バーコードの向き。0 の値は、バーコードを水平に表示します。90 の値は、バーコードを右に 90 度回転します。180 の値は、バーコードを 180 度回転します。270 の値は、バーコードを左に 90 度回転します。
9boolean必須バーコードに透明な背景を表示します。0 の値は、透明な背景を表示しません。1 の値は、透明な背景を表示します。

使用状況

この関数を使用して、次の種別のバーコードを作成します。

  • Codabar
  • Code11
  • Code128Auto
  • Code128A
  • Code128B
  • Code128C
  • Code39
  • Code39Ext
  • Code93
  • Code93Ext
  • Ean13
  • Ean8
  • Industr25
  • Interl25
  • Mat25
  • MSI
  • Postnet
  • Planet
  • Telepen
  • UPCa
  • UPCe
  • OneCode
  • DataMatrix
  • PDF417
  • PlainText

次の AMPscript がコンテンツ領域に配置されている場合、メールメッセージは送信時に該当するバーコードを受け取ります。

AMPscript は、指定された高さと幅で Code39 形式の値に基づいてバーコードを生成します。次の AMPscript は、リストされた代替テキストを含むバーコードを 90° 右に回転して透明な背景で表示します。

次の AMPscript は、文字列値をテキストとして含むバーコードを 90° 右に回転して透明な背景で表示します。関数がエラーを返さないように、文字列値をテキストとして使用する場合は単一引用符を使用する必要があります。