BuildRowSetFromXML

概要

XML から行セットを作成します。この関数は、エラー時に空の行セットを返すことができます。この関数は、送信時にのみ使用します。

構文

BuildRowSetFromXML(1, 2, 3)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須ノード内の XML
2string必須行セットの作成で使用される XML ノードを指定する XPATH 引数
3boolean必須エラー時に空の行セットを返すかどうかを指定します。値が 0 の場合、空の行セットを返しません。値が 1 の場合、空の行セットを返します。

使用状況

XPATH についての詳細は、この標準を参照してください。「AMPscript Language Elements (AMPscript 言語要素)」ドキュメントの行セット情報も参照することをお勧めします。

行セットコンテンツ

Value には、要素ノードの値が含まれます。次のノードの場合、この値は空を返します。

  • CDATA
  • Comment
  • Document
  • Document Fragments
  • DocumentType
  • Entities
  • Entity References
  • Notation
  • ProcessingInformation
  • Whitespace
  • XmlDeclaration

XML には、コード内にある XML が含まれます。ノードに XML がない場合は空で表示されます。行セットでは、いずれかのノードで見つかった各属性の列も提供されます。ノードのその属性に値がない場合、行セットには空の値が含まれます。

@xml 変数に次のテキストが含まれているとします。

次の関数呼び出しを使用した場合を考えます。

システムは次の行セットを返します。

ValueXmlOrigin_attDest_attCarrier_att
100.00100.00INDNYC''
200.00200.00INDLAXUAL
500.0025INDSEA''