ContentAreaByName

概要

指定された保存コンテンツ領域に含まれているコンテンツを返します。

構文

ContentAreaByName(1, 2, 3, 4, 5)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須返すコンテンツ領域の名前 (必要に応じて my contents フォルダー内のパスを含める)
2string開始するインプレッション領域の名前
3booleanシステムが指定のコンテンツ領域を特定できない場合や、無効なコンテンツ領域を返す場合に関数でエラーを返すかどうかを決定します。値が true の場合、エラーを返します。値が false の場合、エラーを返しません。デフォルトは true です。
4stringエラーが発生した場合に返すデフォルトのコンテンツ。デフォルトは空の文字列です。
5numeric呼び出しのステータスを返す出力パラメーター。値が 0 の場合、関数でコンテンツ領域が見つかり、コンテンツが正常に表示されたことを示します。値が -1 の場合、コンテンツがないか、無効なコンテンツ領域であることを示します。

使用状況

システムは、Stocks フォルダーにある Weekly Portfolio という名前の保存コンテンツ領域のコンテンツを返します。この例では、次のようになります。

他のコンテンツが見つからない場合、Opt Out Form Default ページが表示されます。次の例では、ベースコンテンツ領域名とロケール ID を連結して、該当する言語でオプトアウトフォームを提供します。ロケール ID が指定されていないと、デフォルトの EN-US に設定されます。