HTTPGet

概要

指定された URL のコンテンツを返します。この関数は、ポート 80 の HTTP とポート 443 の HTTPS でのみ機能します。標準以外のポート割り当てでは、この関数は失敗します。Marketing Cloud は、Content-Type を介して HTTP ヘッダーに返されるあらゆる文字セットに対応します。たとえば、**「Content-Type: text/html; charset=utf-8」**をヘッダーに含む UTF-8 エンコードされた HTML ファイルを使用できます。ヘッダーにエンコードが指定されていない場合、アプリケーションは、返されるすべてのデータの文字セットが WindowsCodePage 1252 であるとみなします。このデフォルトを変更するには、Marketing Cloud のアカウント担当者にお問い合わせください。

構文

HTTPGet(1, 2, 3, 4)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須対象の URL。この URL のコンテンツを返します。
2booleanエラー時に処理を続行するかどうかを定義します。デフォルトは false です。true の値では、処理中のエラーは無視されます。
3int関数が空のコンテンツを許可するかどうかを定義します。0 の値では、空のコンテンツが許可されます。1 の値では、エラーが返されます。2 の値では、購読者がスキップされます。
4string関数ステータスの出力。この関数のデフォルトは 0 です。0 の値は、ステータスが OK であることを示します。-1 の値は、URL が見つからないことを示します。-2 の値は、HTTP 要求エラーを示します。-3 の値は、空のコンテンツを示します (関数は正常に完了しましたが、コンテンツが返されませんでした)。

使用状況

システムは http://www.example.com のコンテンツを返します。

システムは http://www.example.com のコンテンツを返します。関数はエラーが発生すると停止し、空のコンテンツを許可します。関数のステータスは、宣言された変数 @CallStatus. に返されます。

HTTPGet() 関数を適切なメッセージコンテキストなしで view_email_url パーソナライズ文字列と共に使用した場合、送信は失敗します。この関数を「Web ページとして表示」機能用の view_email_url パーソナライズ文字列と共に使用する必要がない場合、_messagecontext オプションを指定する必要があります。