InvokeCreate

概要

API オブジェクトに対して Create メソッドを呼び出します。API ステータスコードを返します。

構文

InvokeCreate(1, 2, 3, 4)

関数のプロパティ

序数説明
1object必須作成する API オブジェクト
2string必須API ステータスメッセージ用の出力パラメーター
3numeric必須API エラーコード用の出力パラメーター
4objectCreateOptions API オブジェクト

使用状況

次の例の場合

AMPscript は TriggeredSend および TriggeredSendDefinition オブジェクトを @ts および @tsDef. として作成します。また、適切なプロパティをオブジェクトに割り当てて、オブジェクトを InvokeCreate コールに渡します。InvokeCreate 呼び出しはステータスコードとステータスメッセージを返し、それらにより例外処理を作成できます。この例の AMPscript では、画面にエラーを返します。