LookupRows

概要

フィールドが指定された値に一致するデータエクステンションの行セットを返します。AND 句の一部として追加のフィールドと値のペアを指定できます。この関数は、最大 2000 行を返します。返される行の数または順序を詳細に制御するには、LookupOrderedRows() 関数を使用します。この制限によりスクリプトのパフォーマンスが向上します。

構文

LookupRows(1, 2, 3)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須指定した行を返す対象のデータエクステンションの名前。
2string必須返す行を識別するために使用する列名
3string必須返す行と照合するために使用する値

使用状況

City (市区町村) フィールドが HomeCity の値と一致する ZipCode 行を返します。