Introduction to Programmatic Marketing Content (プログラムによるマーケティングコンテンツの概要)

Marketing Cloud スクリプト言語を使用すると、Marketing Cloud プラットフォームでランディングページのパーソナライズ、アプリケーションの作成、クロスチャネルテンプレート/レイアウトの作成、メッセージング関数の操作ができます。

この機能を使用するには、スクリプト言語について理解する必要があります。

AMPscript の概要

AMPscript は、HTML メール、テキストメール、ランディングページ、SMS メッセージ、MobilePush からのプッシュ通知に埋め込むことができるスクリプト言語です。スクリプトはメッセージ内の埋め込まれた位置で処理され、購読者ごとにコンテンツが表示されます。Marketing Cloud アプリケーションは、メール送信の最後ですべての AMPscript 呼び出しを処理します。

AMPscript はデータエクステンションを操作することもできます。AMPscript を使用して、データエクステンションからの情報をメッセージに含めたり、ランディングページからの情報でデータエクステンションを更新したりできます。

AMPscript を使用して、情報を処理し、データエクステンションからの情報をメッセージやランディングページの本文に含めて、購読者に高度なパーソナライズを提供します。

サーバーサイド JavaScript サポート (SSJS) の概要

Marketing Cloud は、Marketing Cloud サーバーによって処理される JavaScript コードを使用します。ブラウザーを使用してクライアント側のコンピューターで JavaScript を表示する代わりに、Marketing Cloud は表示時にサーバーで JavaScript を実行します。SSJS を使用して AMPscript の機能をコピーできますが、SSJS は DOM とは連携せず、外部のライブラリでは機能しません。代わりに、Marketing Cloud が提供するライブラリを使用して、ランディングページ内で動作する SSJS を作成します。配列、算術関数、EVAL 関数、try/catch ブロックなど、JavaScript のすべてのネイティブ関数は SSJS と連携します。

SSJS はいくつかのライブラリを使用して Marketing Cloud を操作します。このライブラリと連携するようにコードを記述し、Marketing Cloud アカウント内の情報と連携します。このライブラリを使用すると、以前のバージョンを維持したまま SSJS を更新できるため、既存のコードが破損しません。SSJS サービスの一環として JavaScript 仕様で説明されているすべてのコマンドと構文を使用できます。

AMPscript よりも SSJS を使用する選択に影響する可能性があるいくつかの要因があります。

  • AMPscript は、インラインパーソナライズまたは単純な IF ELSE ステートメントを簡単かつ効率的に処理します。
  • 各購読者に独自のコンテンツを表示する必要がある事例を AMPscript は SSJS よりも適切に処理します。
  • 一般に、スクリプト言語を初めて使用するユーザーの場合、SSJS よりも短い時間で AMPscript を習得できます。
  • 多くのユーザーが JavaScript の知識をすでに持っており、その知識を Marketing Cloud にすぐに適用できます。
  • 一般に、大半のユーザーが AMPscript を使用して、実行する必要があるタスクを処理できます。AMPscript では適切な機能が提供されないランディングページでタスクを実行する目的でのみ、コアライブラリの SSJS 関数を使用します。プラットフォームの SSJS 関数は、メッセージングタスクだけでなく、ランディングページやアプリケーションを処理できます。

ガイドテンプレート言語 (GTL) の概要

GTL は、パーソナライズした動的なデータ主導のメッセージを作成するだけでなく、クロスチャネルテンプレートとレイアウトを作成するために使用する宣言型構文を提供します。GTL は、広く採用されている Handlebars および Mustache テンプレート言語を活用し、追加機能を提供します。また、GTL を使用すると、コンテンツとデータを操作する方法が簡素化され、ユーザーはパーソナライズしたジャーニーメッセージをすばやく作成できます。

関連アイテム