RetrieveMscrmRecords

概要

複数の CRM レコードを取得します。対象エンティティのフィールドを使用するか、多対 1 の検索属性を使用して関連エンティティからフィールドを選択します。

構文

RetrieveMscrmRecords(1, 2, 3, 4, 5)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須レコードの取得元の Dynamics CRM エンティティの名前
2string必須取得するフィールドのコンマ区切りリスト
3string必須値を確認するフィールド名
4string必須値を確認するための演算子
5string必須確認する値

使用状況

フィールドのリストに parentaccount.id 名を含めて、親アカウントの名前を選択します。同じ命名法を使用して、多対 1 の検索属性でフィルターすることもできます。親アカウントの名前が「Example.com」のアカウントを取得するには、フィルターに「'parentaccountid.name','=','Example.com'」を含めます。Fetch XML クエリで通常取得されるすべての値が返されます。返すフィールドの 1 つが parentaccount.id の場合、結果には parentaccountid、parentaccountid.name、および parentaccountid.type の列が含まれます。