RetrieveSalesforceObjects

概要

指定した条件に一致する Salesforce オブジェクトの選択された情報が含まれる行セットを返します。この関数は、Salesforce アカウントと連携されたアカウントでのみ機能します。必要に応じて、序数 3、4、および 5 の複数のセットを含めて情報を取得します。この関数はデータを行セットとして返すため、データを評価するには Row() と Field() を使用します。

構文

RetrieveSalesforceObjects(1, 2, 3, 4, 5)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須情報の取得元のオブジェクトの種別 (Lead、CustomObject など)
2string必須情報の取得元のフィールドの名前 (「FirstName,LastName」など、複数のコンマ区切り値)
3string必須WHERE 句として選択するための、レコードの照合に使用するフィールドの名前。このパラメーターには 1 つのフィールド名のみを含めます。
4string必須5 番目の序数を 3 番目の序数と比較するために使用する演算子。次のような有効な値があります。
  • = (次の値と等しい)
  • < (次の値未満)
  • > (次の値より大きい)
  • != (次の値と一致しない)
  • <= (次の値以下)
  • >= (次の値以上)


名前、演算子、および値のパラメーターを追加して、より複雑なフィルターを設定できます。
5string必須レコードを選択するために 3 番目の序数と比較する値。名前、演算子、および値のパラメーターを追加して、より複雑なフィルターを設定できます。この WHERE 句は AND のみで結合されます。

使用状況

システムは、region (地域) が「west (西部)」に等しい Salesforce アカウント内のすべてのリードの名と姓を返します。

システムは、AnnualRevenue が 100 万を超える「West (西部)」地域のすべてのリードを返します。