SetObjectProperty

概要

CreateObject 関数によって作成されたオブジェクトの値を設定します。

構文

SetObjectProperty(1, 2, 3)

関数のプロパティ

序数説明
1object必須割り当てられた値を受け取る API オブジェクト
2string必須割り当てられたプロパティの名前
3string必須割り当てられたプロパティの値

使用状況

次の例では、「Subscriber」という名前の API オブジェクトを作成し、そのオブジェクトに、メールアドレスの値を含む「EmailAddress」プロパティを割り当てます。

次の例では、「Attribute」という名前の API オブジェクトを作成し、そのオブジェクトに「First Name」という名前を割り当てて、値を「John」に設定します。