WSProxy を介した高度な取得

より複雑な取得を実行できます。たとえば、取得要求で SOAP RetrieveOptions などの他のプロパティを設定できます。

  • 最初の 3 つのパラメーターは単純な取得のパラメーターと同じです。
  • 4 番目のパラメーターでは、要求の RetrieveOptions のプロパティを指定します。
  • 5 番目のパラメーターでは、要求に設定する残りのプロパティを指定します。このプロパティには、「QueryAllAccounts」、「RepeatLastResult」、「RepeatAllSinceLastBatch」が含まれます。

この例では、RetrieveOption プロパティの「BatchSize」は有効な値ではありません。これは単にプロパティの設定方法を示す例です。

取得のページネーション

さらにページを取得するには、getNextBatch 関数を使用します。

  • 最初のパラメーターはオブジェクトタイプです。
  • 2 番目のパラメーターは、前の取得からの RequestID です。

この例では、アカウント内のすべてのメールをループ処理し、Name プロパティを書き込み、すべてのアイテムを出力した後、返された合計数を出力します。