WSProxy を介した削除

単一アイテムまたは同じ種別の複数のアイテムを 1 回の呼び出しで削除するには、deleteItem および deleteBatch 関数を使用します。

  • 削除関数の最初の 2 つのパラメーターは、作成関数の場合と同様に指定します。
  • 省略可能な 3 番目のパラメーターには、SOAP DeleteOptions オブジェクトを使用して設定する任意のプロパティが含まれます。

例: データエクステンションを削除する

この例では、ObjectID を使用してデータエクステンションを削除します。

結果に SOAP DeleteResult アイテムのプロパティが含まれること以外、返されるオブジェクトのプロパティは作成関数と同じです。

関連アイテム

WSProxy を介した作成