WSProxy を介した実行 (Execute)

アクションを実行するには、execute 関数を使用します。

  • 最初のパラメーターは、呼び出しに含める Name/Value パラメーターの配列です。
  • 2 番目のパラメーターは、実行要求の名前です。

要求の例

この例はパラメーターを示していますが、正常に機能する例ではありません。

応答の例

返されるオブジェクトには、「Status」、「RequestID」、「Results」の 3 つのプロパティが含まれます。結果には、SOAP ExecuteResponse アイテムからのプロパティが含まれます。