UserFunctions

アカウントユーザーに関するサーバーサイド JavaScript 関数を使用して、Marking Cloud アカウント内で作業が許可されたユーザーにアクセスし、変更します。

読み込み

まず、サーバーサイド JavaScript コードで次の構文を使用してコアライブラリを読み込みます。

初期化

サーバーサイド JavaScript を介してアカウントユーザーを操作するには、まずオブジェクトを初期化する必要があります。このコードは、「myAccountUser」の外部キーと、他のユーザーの操作権限を持つアカウントユーザーに属するクライアント ID を使用してアカウントユーザーを初期化します。