コンテンツ領域関数

この関数を使用して、Marketing Cloud Connect アカウント内のコンテンツ領域を作成し、操作します。メールメッセージ、SMS メッセージ、ランディングページでは、コンテンツ領域を使用できます。

読み込み

まず、サーバーサイド JavaScript コードで次の構文を使用してコアライブラリを読み込みます。

このドキュメントの関数の例では、コンテンツ領域オブジェクト全体を返す ContentAreaObj オブジェクトが使用されます。ContentArea オブジェクトは、指定されたコンテンツ領域のコンテンツのみを返します。ContentAreaObj オブジェクトをサーバーサイド JavaScript と共に使用して、コードのエラーを回避してください。

初期化

サーバーサイド JavaScript を介してコンテンツ領域を操作するには、まずオブジェクトを初期化する必要があります。次のコードは、「myCA」の外部キーを使用してメールを初期化します。

コンテンツ領域を初期化したら、残りの関数を使用できます。