ContentBlockByName

概要

Content Builder で指定したコンテンツブロックからコンテンツを取得します。この関数は、共有フォルダーを使用してコンテンツが共有されている場合にビジネスユニット内の共有コンテンツでのみ機能します。

構文

ContentBlockByName(1, 2, 3, 4, 5)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須返すコンテンツブロックの名前。必要な場合は [マイコンテンツ] フォルダー内のパスを含めます。
2stringコンテンツのインプレッション領域
3Boolean指定したコンテンツ領域が見つからない場合にこの関数でエラーを返すか、無効なコンテンツ領域を返すかを示します。値が true の場合、エラーを返します。値が false の場合、エラーを返しません。
4stringエラーが発生し、エラーが返されない場合に返すデフォルトコンテンツ。この値のデフォルトは空の文字列です。
5string呼び出しのステータスを返します。値が 0 の場合、関数でコンテンツ領域が見つかり、コンテンツが正常に表示されたことを示します。-1 の値はコンテンツなしまたは無効なコンテンツ領域を示すため、関数はデフォルトコンテンツの値を返します。