送信関数

この関数を使用すると、Marketing Cloud アカウントを介したメールの送信にアクセスし、その送信方法を制御できます。

読み込み

まず、サーバーサイド JavaScript コードで次の構文を使用してコアライブラリを読み込みます。

独自のサーバーサイド JavaScript コードのひな型としてこのサンプルコードを使用してください。

初期化

サーバーサイド JavaScript を介して既存の送信を操作するには、まずオブジェクトを初期化する必要があります。このコードは、「12345」の送信 ID を使用して送信を初期化します。

送信を初期化したら、他の適用可能な関数を使用できます。