ContentArea

概要

ID により指定されたコンテンツ領域に保存されているコンテンツを返します。

構文

ContentArea(1, 2, 3, 4)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須指定するコンテンツ領域の ID
2string必須コンテンツ領域に含まれるインプレッション領域の名前
3string必須関数でコンテンツを返すことができない場合に配信するエラーメッセージ
4string必須関数で他のコンテンツが見つからない場合に表示するコンテンツ領域

このサンプルコードでは、変数は、指定されたコンテンツ領域から情報を取得します。コンテンツは、作成するメールやランディングページに書き込まれません。代わりに、コンテンツは変数内に存在し、他の文字列として使用されます。