TreatAsContent

概要

文字列をコンテンツ領域から取得された文字列のように処理します。これらの文字列に関連付けられたトラッキング情報を取得するには、トラッキングおよび分析用の HTTPGETWRAP コマンドを使用して、HTML コンテンツ内に埋め込まれたリンクをラップします。TreatAsContentArea() 関数を使用して、コンテンツ領域から取得した文字列であるかのように文字列を処理します。

構文

TreatAsContent(1)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須コンテンツとして返す文字列

使用状況

テキストの文字列を返し、パーソナライズ文字列が含まれる場合、その文字列を適切なデータで置き換えます。