UpsertMscrmRecord

概要

この関数は、Microsoft Dynamics CRM から 1 つのレコードを取得し、名前と値のペアを使用して結果をフィルターします。次に、指定されたソートフィールドとソート順を使用して、結果をソートします。このプロセスでは、該当する名前と値のペアを使用して、見つかったレコードを更新します。レコードが見つからない場合、提供された名前と値のすべてのペアを使用してレコードを作成します。この関数は、更新または作成されたレコードの GUID を返します。

構文

UpsertMscrmRecord(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9)

関数のプロパティ

序数説明
1string必須更新/挿入するレコードの Dynamics CRM エンティティの名前
2string必須取得結果をソートするために使用するフィールド
3string必須取得結果をソートするために使用する順序
4string必須取得で使用するフィールドの名前/値ペアの数
5stringa必須フィルターする、対象エンティティの属性の名前
6string必須フィルターする、対象エンティティの属性の値
7string必須更新で使用するフィールドの名前/値ペアの数
8stringa必須更新する、対象エンティティの属性の名前
9string必須更新する、対象エンティティの属性の値

使用状況

この例では、まず name が「MarketingCloud」に等しいアカウントが存在するかどうかを確認します。存在する場合、最後に作成されたアカウントを見つけて、そのレコードの address1_city を「Indianapolis」に設定します。存在しない場合、name が「MarketingCloud」で address1_city が「Indianapolis」のレコードを作成します。