スクラッチ組織以外の組織での開発

Lightning Web コンポーネントのソースコードを、スクラッチ組織以外の組織にリリースすることができます。これらの組織ではメタデータの変更が追跡されないため、変更されたものだけでなく、指定されたすべてのメタデータをリリースします。また、これらの組織からコードを取得することもできます。

コンポーネントを作成する前に、「エディター、リンター、組織の設定」「Salesforce CLI のインストール」を参照してください。

Salesforce DX プロジェクトには特定の構造と設定ファイルがあります。設定ファイルは、ディレクトリを Salesforce DX プロジェクトとして指定します。

VS Code で Command + Shift P を押し、「sfdx」と入力して [SFDX: プロジェクトの作成] を選択します。

このコマンドはコマンドラインでも実行できます。

ESLint は、バックグラウンドで動作し、コーディング中に問題を探すプログラムです。一連のルールに対してコードを分析します。これらのサーバーレスルールには、ベストプラクティス、ガードレール、エラーを含めることができます。プロジェクトのサーバーレスルールを設定できます。コードがルールに違反すると、波線がそのコードの下に表示されます。コードの上にマウスポインターを置くと、そのルールと修正案が表示されます。

  1. Lightning Web Components の ESLint ルールをインストールするには、Salesforce DX プロジェクトで直接次のコマンドを実行します。

    問題が発生した場合は、プロジェクトの package.json ファイルが salesforcedx-templates package.json ファイルと一致することを確認してください。たとえば、.eslintignore ファイルは不要になり、package.json"lint": "eslint **/{aura,lwc}/**/*.js" スクリプトに置き換えられました。このスクリプトは lwc および aura フォルダー内にある JS ファイルに対してのみ lint を実行します。

  2. サーバーレスには 3 つの設定レベルがあります。eslint-config-lwc の README ファイルを読んで、自分のコーディングニーズに適したレベルを選んでください。プロジェクトの /force-app/main/default/lwc/.eslintrc.json ファイルで、設定レベルを設定します。 プロジェクトにこのファイルがない場合は、salesforcedx-templates からこのファイルをコピーし、/force-app/main/default/lwc フォルダーに貼り付けます。

  3. サーバーレスを実行するには、プロジェクトに少なくとも 1 つの Lightning Web コンポーネントが必要です。

Lightning Web セキュリティは、追加の ESLint ルールを提供します。詳細は、「Lightning Web セキュリティ用の ESLint ルールのインストール」を参照してください。

force-app/main/default/lwc フォルダー内に Lightning Web コンポーネントを作成します。

VS Code で Command + Shift P を押し、「sfdx」と入力して [SFDX: Lightning Web コンポーネントの作成] を選択します。

このコマンドはコマンドラインでも実行できます。

Lightning Web コンポーネントを含む新しいソースコードを組織にリリースしてテストする準備ができました。先にコードを保存してください!

組織にソースコードをリリースすると、指定したパス全体がリリースされます。

このコマンドをコマンドラインから実行します。

次の例では、example@force.com というユーザー名で Salesforce DX プロジェクトのルートディレクトリを組織にリリースしています。

このコマンドをコマンドラインから実行します。

変更内容を Salesforce で見るには、ソースコードを組織にリリースしてブラウザーをハード更新します。

関連トピック