getter と setter を使用したデータの修正

公開プロパティが設定されるたびにロジックを実行するには、カスタム setter を作成します。

公開プロパティ用の setter を作成する場合は、getter も作成する必要があります。getter または setter のどちらかに @api でアノテーションを付けます (両方には付けません)。

一貫性を保つため、このガイドと lwc-recipes リポジトリの例では、getter にアノテーションを付け、setter の前に getter を置いています。

プロパティ値を getter と setter に保持するには、項目を使用します。この例では、_uppercaseItemName プロパティを使用しています。このプロパティの先頭にアンダースコアが付いているのは、そのプロパティが非公開であることを示しています。

このサンプル <c-todo-item> コンポーネントは、文字列を大文字に変換します。

プロパティ値は、getter を介してテンプレートに渡されます。

getter のエラーは、try-catch ブロックで処理することもできます。

getter および setter を使用する別の例については、lwc-recipes サンプルリポジトリapiSetterGetter コンポーネントおよび todoList コンポーネントを参照してください。

関連トピック