updateXmd

特定の CRM Analytics ユーザー XMD をデータセット ID で更新します。

updateXmd は、この CRM Analytics API リソースを使用します。

  • datasetId — (必須) データセットの ID。
  • versionId — (必須) データセットバージョンの ID。
  • xmdType — (必須) XMD の種別。更新で有効な値は user のみです。
  • xmd — (必須) 更新する XMD。Xmd Input リソースを使用します。
  • XMD 応答を使用して解決される Promise オブジェクト。

updateXmd を使用することで、ユーザーはデータセット内の基準およびディメンションの形式を変更できます。次の例では、データセットが含まれるページに更新ボタンを追加します。ページには、データセットの XMD 更新に必要な情報についてのフォーム要素が含まれている必要があります。XMD を更新すると、lightning/platformShowToastEvent モジュールを使用して、トーストメッセージが表示されます。

このボタンは、updateXmd() メソッドをコールします。