BiometricsService データ型

BiometricsService はいくつかの複数のデータ型を定義して使用します。

1 つの行動の更新または削除に影響を受ける定期的な行動の個々の行動を指定するオブジェクト。

プロパティ名説明
permissionRequestBodyString生体認証スキャナーを使用する理由。
permissionRequestTitleString理由のテキストが表示されるときにダイアログで使用するタイトル。iOS でも指定できますが、Android でのみ有効です。
additionalSupportedPoliciesBiometricsServicePolicy の配列配列で指定されたポリシーに従って、生体認証スキャン動作をカスタマイズできます。

BiometricsService の機能にアクセスしたときに発生するエラーを表すオブジェクト。

プロパティ名説明
codeBiometricsServiceFailureCode生体認証サービスエラーが発生した理由を表す値。利用可能な値のリストについては、「BiometricsServiceFailureCode」を参照してください。
messageString失敗した理由を説明する文字列値。この値は、ユーザーインターフェースメッセージでの使用に適しています。メッセージは英語で表示されます。日本語化はされていません。