BiometricsService API

Lightning Web コンポーネントからデバイスの生体認証機能にアクセスします。

以下のトピックの**「構文」**セクションでは、TypeScript 書式が使用されています。この書式は、API 構文を理解しやすくするために使用されています。たとえば、関数は、次のように関数名、パラメーターの名前と種別、戻り値のデータ型で記述されます。

省略可能なパラメーターには、objectInfo?: ObjectInfo のように ? が追加されます。詳細は、TypeScript ハンドブックを参照してください。

**「構文」**セクション以外の他のセクションは、JavaScript で記述されています。Lightning Web コンポーネントでは、TypeScript はサポートされません。コードは JavaScript で記述する必要があります。

BiometricsService のしくみについては、「Access a Mobile Device’s Biometrics Capabilities (モバイルデバイスの生体認証機能へのアクセス)」を参照してください。