refreshGraphQL(result)

再実行するクエリをトリガーします。この関数は、GraphQL ワイヤーアダプターがプロビジョニングしたデータを命令で更新します。

refreshGraphql() を使用すると、クエリを再実行する条件 (ボタンクリックの応答や JavaScript 経由など) を制御できます。この関数をコールすると、GraphQL クエリ要求がサーバーに再度送信されて、クライアント側に保存されている結果セットが更新されます。

GraphQL クエリの構文を参照してください。

Promise オブジェクト。ワイヤーが最新のデータを受け取るまで Promise は解決されません。サーバーから返されたデータが変更されていない場合、ワイヤー関数は再度呼び出されない可能性があります。更新がいつ完了したかを知る必要がある場合は、Promise が解決されるのを待ちます。Promise が解決される実際の値には意味がありません。