getContext

コンテンツエディターで、拡張 CMS ワークスペースのコンテンツ項目に関するメタデータを取得します。

  • data
    • variantId — コンテンツバリエーションの ID。
    • contentSpaceId — コンテンツ項目を含むワークスペースの ID。
    • managedContentId — CMS コンテンツ項目の ID。
    • contentKey — バージョンの更新時や環境間でコンテンツ項目を追跡する一意の識別子。CMS ワークスペースにコンテンツが追加されると自動的に割り当てられます。
    • schema — コンテンツタイプに基づいた情報のレイアウト。
  • error — 無効な項目に対する検証エラー。