listContent (ベータ)

Salesforce CMS ワークスペースから公開コンテンツを取得し、Experience Cloud の Aura または LWR サイトのカスタム Lightning Web コンポーネントで使用します。

拡張 LWR サイトの拡張 CMS ワークスペースから Salesforce CMS コンテンツを取得するには、代わりに experience/cmsDeliveryApi モジュールの getContent ワイヤーアダプターを使用します。

「Managed Content Delivery, Experience Cloud Site」を参照してください。

  • communityId — (必須) CMS コンテンツを使用するサイトの ID。
  • contentKeys — (省略可能) 管理コンテンツの最大 50 個のコンテンツキーのリスト。コンテンツキーは MCA4CCV5QS2BAB5H7YRCRPTCWGZQ などの 28 文字のユニバーサル一意識別子 (UUID) です。
  • topics — (省略可能) コンテンツトピック名のカンマ区切りリスト。コンテンツトピック名は、最大 15 個指定できます。
  • page — (省略可能) 要求するページの番号。0 から開始します。値を指定しないか 0 を指定した場合、最初のページが返されます。
  • pageSize — (省略可能) ページあたりの項目数を指定します。有効な値は 1 ~ 250 です。パフォーマンス上の理由から、1 ページあたりの項目数は 25 個以下にすることをお勧めします。値を指定しない場合、デフォルトサイズは 25 です。
  • language — (省略可能) 管理コンテンツの言語。たとえば、en_US は英語 (米国) に対応します。要求された翻訳が提供されていない場合、言語のデフォルトはコンテキストユーザーの言語に設定されます。コンテキストユーザーの言語が提供されていない場合、言語のデフォルトはコンテンツタイプの元の言語に設定されます。
  • managedContentType — (省略可能) コンテンツを照会する管理コンテンツタイプの開発者名。
  • showAbsoluteUrl — レスポンスボディで絶対 URL を表示するか (true)、否か (false) を示します。値を指定しない場合、デフォルトは false です。