LWS によってブロックされた分析ライブラリ

分析ライブラリは、ページ全体に無制限にアクセスできる必要があります。この要件は、ある名前空間に属するコードは、別の名前空間のデータにアクセスできないという LWS の要件と矛盾します。

LWS では、分析スクリプトが、JavaScript Sandbox 外のブラウザーで実行されているコードにアクセスできないようにしています。その領域で実行を許可されるのはプラットフォームコードのみです。LWS では、分析スクリプトが、JavaScript Sandbox 内のグローバルオブジェクトにもアクセスできないようにしています。分析スクリプトは、Sandbox 用に予約されている名前空間に属していないためです。

Experience Cloud サイトでは、回避策によって、分析ライブラリを Lightning Locker で使用できます。LWS が Lightning Locker ではなく組織で有効になっている場合も、このアプローチを利用できます。エクスペリエンスビルダーでは、管理者はサイトの head マークアップにアクセスできるため、回避策は Experience Cloud サイトのみに適用されます。Salesforce の他のアプリケーションとコンポーネントでは、このようなアクセスは許可されていません。詳細は、『Experience Cloud 開発者ガイド』を参照してください。