LWS のグローバル変数 $A

Aura コンポーネントが LWS で実行されている場合、eval または Function コンストラクターを使用すると、$A グローバル変数は利用できません。eval で $A を使用するための回避策はありませんが、回避策として、Function コンストラクターで依存性の注入を使用できます。

追加のパラメータ $A を受け入れるように、関数を定義します。このパラメータは、関数がどこで呼び出されても、$A がグローバル範囲のどこに存在していても指定できます。

この例では、新しい関数 fn を作成し、そのパラメータの 1 つとして $A を指定します。次にアクセス可能な $A への参照を渡す関数を呼び出します。