The Salesforce Developers website will undergo maintenance on May 29, 2024 from 3:00 a.m. UTC to 10:00 a.m. UTC. The maintenance process may affect the availability of our documentation. Please plan accordingly.

コンポーネント間で渡されるオブジェクトのプロキシ化

異なる名前空間のコンポーネント間で渡されるオブジェクトや、グローバル DOM に渡されるオブジェクトには、互換性の問題が発生する可能性があります。名前空間の分離性を維持しながら、互換性の問題を低減するために、LWS ではオブジェクトにプロキシラッパーが使用されます。LWS で値のラッパーを解除しようとすると失敗する場合があります。たとえば、ブラウザのコンソールでは、値が null であるか、プロキシ化されているかを確認できます。

同様に、コンポーネントが生成したカスタムイベントにブラウザ拡張機能のための detail 値がある場合、コンポーネントの Sandbox 境界を越えられるように、LWS でプロキシ化されます。ブラウザの拡張機能は、プロキシラッパーのために null の detail 値を受け取る場合があります。

プロキシラッパーに関連する問題を回避するには、値を JSON 文字列で渡して、後から解析します。

この例では、名前空間 foo のコンポーネントがイベントデータを JSON 文字列にシリアライズします。名前空間 bar のコンポーネントは、処理する前にデータを解析します。