Lightning アプリケーションビルダーのコンポーネントの設定

Lightning アプリケーションビルダーで Lightning ページのカスタム Lightning Web コンポーネントを使用するには、事前にいくつかのステップを実行します。

componentName.js-meta.xml ファイルは、Lightning アプリケーションビルダーで使用することを目的としたコンポーネントのデザイン設定などのコンポーネントのメタデータ値を定義します。設定ファイルを編集して次を行います。

  • コンポーネントを Lightning アプリケーションビルダーと管理パッケージで使用できるようにする。
  • コンポーネントを使用できる Lightning ページの種別を定義する。
  • コンポーネントのプロパティを設定する。
  • コンポーネントのサポートされるオブジェクトを設定する。

「XML 設定ファイルの要素」の完全なリストを参照してください。

このサンプル設定ファイルは、全種別の Lightning ページでコンポーネントを使用可能にしますが、レコードページでのサポートは取引先、商談、および倉庫オブジェクトのみに制限しています。このコンポーネントには、レコードページ用にアプリケーションページおよびホームページとは異なるプロパティセットが定義されています。

コンポーネントプロパティを定義する場合は、.js ファイルと設定ファイルで同じ種別 (String、Integer、Boolean) が割り当てられていることを確認してください。割り当て種別が一致しない場合は、設定ファイルの種別の割り当てが優先されます。

Lightning アプリケーションビルダーに表示されるコンポーネントのカスタムアイコンとして SVG リソースを含めるには、コンポーネントのフォルダーに SVG リソースを追加します。その名前は componentName.svg にする必要があります。SVG は 1 つのフォルダーに 1 つだけ追加できます。

関連トピック