フロー画面のコンポーネントの設定

カスタム Lightning Web コンポーネントをフロー画面で使用するには、コンポーネントの設定ファイルにいくつかのメタデータを追加します。

componentName.js-meta.xml ファイルは、フロー画面で使用することを目的としたコンポーネントのデザイン設定などのコンポーネントのメタデータ値を定義します。

  • コンポーネントをフロー画面で使用できるようにするには、lightning__FlowScreen 対象を追加します。
  • コンポーネントに入力項目を追加するには、targetConfig プロパティを追加します。
  • プロパティを inputOnly または outputOnly に制限するには、role 属性を使用します。たとえば、プロパティが outputOnly に制限されている場合、ユーザーは、Lightning レコードページからその値を設定できません。role 属性を指定しない場合は、デフォルト値により、入力と出力が許可されます。

「XML 設定ファイルの要素」の完全なリストを参照してください。

このサンプルコンポーネントには、5 つのフロー画面入力項目があります。startDate プロパティは inputOnly に設定されています。

関連トピック