カスタムプロパティエディターと標準プロパティエディターの比較

カスタムプロパティエディターがないと、システム管理者が Flow Builder でカスタムフロー画面コンポーネントや呼び出し可能なアクションを設定するときの UI がコンポーネントの入力値のテキストボックスまたはコンボボックスで構成されます。カスタムプロパティエディターの UI は、任意の入力コンポーネントで構成でき、カスタムスタイル設定を使用できます。次の例は、カスタムプロパティエディターのないカスタムフロー画面コンポーネントを示しています。コンポーネントには、データをフローに渡す入力属性のテキストボックスとコンボボックスが表示されています。

カスタムプロパティエディターのないフロー画面コンポーネント

代わりに、システム管理者の操作を簡略化するカスタムプロパティエディターを作成します。次の例は、入力値にカスタム表示ラベルとスライダーコンポーネントを使用するカスタムプロパティエディターのあるカスタムフロー画面コンポーネントを示しています。

入力値を設定するスライダーコンポーネントが含まれるカスタムプロパティエディターのあるフロー画面コンポーネント