クイックアクションとしてのメールの作成

カスタムコンポーネントのボタンから、コンテンツが事前に入力されたメールコンポーザーを起動します。項目値が事前に入力されたメールドラフトを開く、QuickAction (Global) Send Email (QuickAction (グローバル) のメールの送信) アクションを作成するには、lightning-navigation および lightning-page-reference-utils コンポーネントを使用します。

コンポーネントの HTML ファイルで、ナビゲーションサービスを lightning-navigation に、ページの参照ユーティリティを lightning-page-reference-utils に、アクションボタンを lightning-button に定義します。

この例では、クリック時に handleClick 関数がトリガーされ、メールコンポーザーに件名と本文テキストが事前入力されます。

メールコンポーザーにデフォルトのテキストを含めるには、encodeDefaultFieldValues 関数を使用します。fieldOverride のペイロードに渡したページの参照の defaultFieldValues 属性に結果を追加します。コンポーネントからの入力をメールに反映するには、encodeDefaultFieldValues 関数に項目の値を渡します。

[メールを送信] グローバルアクションのレイアウトで、encodeDefaultFieldValues 関数で指定した項目が読み取り専用でないことを確認します。この例で、[HTML 内容] と [件名] 項目が読み取り専用になっている場合、メールドラフトにはこれらの項目にテキストは自動入力されません。

イベントハンドラーをトリガーするボタンを HTML ファイルに追加します。

次に、イベントハンドラーを追加します。