Speakers

稲葉 洋幸

稲葉 洋幸

Platform Specialist

株式会社セールスフォース・ドットコム

Description


「業務で蓄積したデータから、AI を活用して何か新しい価値を引き出す」そんな命題が与えられたらどう取り組みを進めますか? 広がりを見せている蓄積データを業務課題の解決に役立てる取り組みですが、データの分析・示唆の検出・予測を引き出すことや、結果を業務プロセスに反映する仕組みづくりには、ハードルも高く苦労されている方が多いのではないかと思います。

Salesforce では、この取り組みを強力に後押しする機能として、Einstein Discovery を提供、また Einstein 予測ビルダー (2019年1月時点ベータ版) を提供準備中です。
こちらの Webセミナーでは、データ分析やその結果の活用に、これらの機能がどのように役立つかをデモを交えてご紹介します。

ご紹介する内容 (予定)

  • データ分析・予測がどう業務課題の解決に役立つのか?
  • まずはデータの傾向を探り示唆を得る - Einstein Discovery
  • 予測モデルを作り業務プロセスに組み込む - Einstein Discovery (Writeback) / Einstein 予測ビルダー
  • 機能利用にあたっての制約・注意事項と課金体系
     

参加対象者 :

  • Salesforce の既存ユーザー (主には管理者の方)
  • 業務課題の解決に蓄積データが活用できないか検討されている方
  • これから Einstein Discovery や Einstein 予測ビルダーを使ってみようと考えている方
     

Recording

Recorded : January 19, 2019

Presentation