JP:Sites FAQ

Sites FAQ

Force.com Sitesの関するFAQです。もっとSitesについて学びたい場合は、 Sitesを訪れてみて下さい。


有効化、価格情報とパイロットプログラム

Q: 価格体系はどのようになりますか?

A: Force.com Sitesは月のページビューをベースに価格付けを行います:

  • Enterprise Editionには月間500,000ページビューまで含まれます
  • Unlimited Editionには月間1,000,000ページビューまで含まれます

追加の月刊ページビューをオーダーすることもできます:

  • $1,000/月で1,000,000の追加ページビュー(全Edition共通)


Q: Sitesからカスタマーポータルに連携した場合、Force.com Sitesの利用は既存のコストモデルへ影響を与えますか?

A: Force.com Sitesの価格はanonymous(非ログイン)のページビューを元にしています。 SitesはカスタマーポータルやPRMとシームレスに認証を統合していますが、カスタマーポータルやPRMは既に正式リリースされたプロダクトであり、Force.com Sitesの価格には含まれていません。


Q: 自社の正式なWebsiteを構築する前にSandboxを作成してページ、Sites、カスタムロジック、ワークフローをテストする事はできますか?

A: はい。Sitesはサンドボックス組織でも利用可能です。


Q: Force.comがバージョンアップした場合に、セールスフォース・ドットコムが既存のコードを削除、アップデートしたり、もしくは開発者が付随するマイグレーション作業を伴う事はありますか?

A: Force.comプラットフォームはコードのアップグレードを強制しません。プラットフォームのアップグレードは自動的にコードに影響を与えずに行われます(ApexとVisualforceは内部的にバージョンを持っています)。no softwareの恩恵です。


認証に関連する質問

Q: ログインや登録といった認証フローを自身サイトで提供するにはどうすれば良いですか?

A:Force.com Sitesではカスタマーポータルとのシームレスな統合を提供しています。もしユーザーに認証/登録が必要な場合は単純に組織内の有効なカスタマーポータルにサイトを関連づけます。


Q: Dreamforceで参加登録のページがForce.com Sitesで構築されていると聞きました。これはどのように実現しているのか教えてもらえますか?

A: SitesはカスタマーポータルやPRMとのシームレスな認証統合を提供しています。Developer Guide:http://wiki.developerforce.com/index.php/Force_Platform_Developer_Guide のchapter14にサンプルがあります。現在新しいDE組織にサインアップすれば、10のポータルユーザーライセンスがテスト用に付与されます。


Q: Sitesにログインというリンクがありますが、既存のユーザーがログインする事ができません。どうすればこのフォームを動作させる事ができますか?

A: この機能は全く設定無しでは動作しません。ですがApexとVisualforceを利用してカスタムページを作成することでこの機能を利用する事ができます。


セキュリティとデータアクセス

Q: どのようにすれば自身のサイトの閲覧権限をコントロールできますか?

A: Force.com Sitesのセキュリティコントロールはユーザー/プロファイルによるものと非常に良く似ています。サイトの詳細ページから公開アクセス設定のページへ進みます。そこでオブジェクトに対するパーミッションやフィールドレベルのセキュリティ設定、IPアドレス制限などを設定できます。 さらにSitesからアクセスされるVisualforceページはSitesの有効なVisualforceページのリストになければなりません。またそれらのVisualforceページから利用される静的リソースは公開に設定されていなければなりません。


Q:エクストラネット(例:VPNの外など)を認証付きで構築できますか?

A: はい、パブリックな認証付きのWebサイトを構築できます。


Q: Sitesにはデフォルトのページは含まれますか?

A: Sitesには ログインページ、ユーザー登録ページ、パスワードの初期化/変更ページ、エラーページといったいくつかのページ標準で含まれます。


Q: どうすればリレーショナルデータベースをSitesで実装できますか?

A: まさにそれはForce.com Databaseです。より詳細な情報は以下のコンテンツを参照して下さい: Force.com Databaseの概要


Q: 取引先や商品といった既存のSalesforce CRMのオブジェクトは利用出来ますか?

A: はい。Sitesの詳細ページにはいると、公開アクセス設定を行えます。ゲストプロファイルでは全てのカスタムオブジェクトに対してCRUD操作が行え、一部の標準オブジェクトの読み込みと作成、その他標準オブジェクトの読み込みができる様になっています。


Q: Force.comのデータ障害にそなえてSitesページをローカルにダウンロードする方法はありますか?

A: Force.com IDEを利用してコンテンツをバックアップや、後でリストアする事が可能です。


Q: 一つのページを一つはセキュア(https)でもう片方は違う、といった様に複数のサイトで利用する事は可能ですか?

A: はい。両方のサイトに追加する事が可能です。


Q: 匿名ユーザーはログインしていない、ライセンスを付与されていない状態でセキュアにデータを送信する事は可能です?

A: はい。HTTPSでのForce.comドメイン名をサポートしています。


Q: Force.comではどのようにユーザーを管理できますか?

A: Force.comプラットフォームは自身で認証モジュールをもっていますが、Active Directoryのようなサービスと統合する事も可能です。


Q: HTTPSのカスタムURL(force.com URLではなく)と自身の証明書はサポートしていますか?

A: 現在はサポートしていません。


Q: Force.com Sitesではデータの送信にhttpとhttpsプロトコルをサポートしていますか?もしくはその他のSSLが有効な通信を推奨しますか?

A: Force.com SitesはHTTPとHTTPS両方サポートしています。


Q: どのようにして外部ページ(インターネット)から内部ページ(イントラネット)を定義するのですか?

A: 公開アクセス設定ページでSitesのアクセスをイントラネットのIPレンジに制限する事ができます。このようにして、パブリックサイトをイントラネットからのみ閲覧出来る様にできます。


Q: どのようにして非認証のスパムユーザーを回避する事ができますか?ロボットのアクセスを制限するCAPTCHAの様な機能はありますか?

A: これは取り入れるのは非常に簡単です: CAPTCHAをSitesに組み込む方法。シンプルなjavascriptをVisualforceページに含み、バリデーションロジックをVisualforce Pageコントローラ内に記述します。


Q: CNAMEレコードを利用して独自ドメインを利用するため、自身のSSL証明書を設定する事はできますか?

A: SSL証明書にはIPアドレスが定義されているのと、現在Sitesではデフォルトのforce.comドメイン以外のSSL証明書をを保存する機能が無く、利用できません。


トレーニングとリソース

Q:セールスフォース・ドットコムのハンズオントレーニングでVisualforceを学ぶ事はできますか?

A: はい。以下のリソースをチェックしてみて下さい:Force.com 開発者コース(Apex, Visualforce)


Q: AppExchangeと同じ様に、標準的なWebトラッキング、他のSaaSアプリケーションとの統合、ウィジェット、バリデーション等のサードパーティjavascriptライブラリを利用出来ますか?

A: 可能です。開発にういて特にこの点は問題になりません。


ユースケースに関連する質問

Q: ハイトラフィックな商用サイトの構築は可能ですか?

A: かなりの数のトラフィクを持つ商用サイトをハンドリング出来ると思われます。DellとStarbucksはかなりの量のトラフィックを持つパブリックIdeasサイトをForce.com上で稼働させています。

Q: Sitesは将来的にdrupalのような完全なCMSへと進化していくのでしょうか? もしくはSites既存のWebサイトの代替として使われるのが正しいのでしょうか? 逆にそういったコアモジュールとなる様なものがないのであれば作って欲しいのですが、いかがでしょうか?

A: Sitesは現在CMSと統合はいしていません。考えた事は是非Idea Exchangeに投稿して下さい。もしくは是非あなたがSites上にCMSを作成してみて下さい!!


Q: 現在サードパーティのホスティングによる静的なページを持っています。これを同じドメインのままでForce.comに移行する事はできますか?

A: はい。可能です。


Q: jspやaspページからvisualforceページへ移行することはできますか?

A: はい。もちろん。


Q: Force.comで発注管理システムのようなEコマースのアプリケーション/サイトを構築する事はできますか?

A: Force.comプラットフォームの機能(Apex,Visualforce等)を利用してそれが実現出来るならば、Sitesを使っても実現できるでしょう。


Q: .NETやJavaアプリケーションと統合やダイレクトにデータの受け渡しは可能ですか?

A: はい。こちらをチェックしてみて下さい: Force.com SOAP API


Q: emailオプトインのような機能を実装する事も可能ですか?

A: はい。


Q: SitesはAppExchangeで公開できますか?

A: 現在はできません。Sites内のコンテンツ自体は可能ですが、Sites自体の設定はまだパッケージ化できません。


== Q: Force.com上でない他のWebサイトに対してデータを送信するような、インフォメーションキャプチャ用途にSitesを利用する事はできますか? A: Force.comの標準機能によって、他のサイトに対してアウトバウンドメッセージを送信する事ができます。


Q: Apexロジックに対してテストクラスやカバレッジ要求はありますか?

A: はい。従来と同じです。


Q: もし私が個人的に既存のドメイン名を持っているならば、これを自身のForce.com Sitesに移動する事はできますか?

A: はい。 DNSのエイリアスをForce.comサイトに設定(技術的にはCNAMEレコードを利用)し、Sitesの設定で""カスタムWebアドレス""を定義する事で動作します。


Q: SitesはSSO(シングルサインオン)をサポートしていますか?

A: はい。Force.com SitesはカスタマーポータルやPRMとシームレスに統合されており、ポータルはSSOの機能を持っています。


Q: SitesのテンプレートでCSSは利用出来ますか? またカスタムオブジェクトデータをVisualforceを通してSitesに公開できますか?

A: 静的リソースによってサイトテンプレートからCSSを参照できます。Visualforceページではスタンダードコントローラを利用してカスタムオブジェクトを直接表示する事ができます。


Q: ページのヒット以外にどういったタイプの統計をとっていますか?

A: 帯域、ページビュー、トータルのリクエストタイムの統計をとっています、現在はこれらはまだユーザーには表示されていません。


Q: 国際化/地域化の機能ははプラットフォームに含まれていますか?

A: はい。""カスタムラベル""と呼ばれる機能を使ってSitesを翻訳しローカライズする事ができます。


Q: Sitesのページは他のWebサイト、例えば製品価格リストを他のWebサイト上に埋め込む様な使い方はできますか?

A: はい。Force.com Sitesを他のWebサイトに埋め込んで製品カタログを表示するといった事は可能です。

Q: SitesでCAPTCHAの様なスパムブロッカーを利用する事はできますか?

A: はい。 組み込みのCAPTCHAをForce.comサイト内で簡単に利用する事ができます。Sites_And_Captcha


アイデアに関連する質問

Q: Sites上のアイデアを利用しようとしたのですが、サイト上にタブが現れません。

A: アイデアタブをプラットフォームカスタムアプリケーションに追加して下さい。


Q: プラットフォームカスタムアプリケーションにIdeaタグを追加したらSitesに反映されるのは規定の動作でしょうか?

A: プラットフォームはForce.com Sitesのためのデフォルトアプリケーションです。もしVisualforceページのヘッダを有効にした場合には、プラットフォームアプリケーションのタブが表示されます。


設定に関する質問

Q: Visualforceページをホームページに設定する事は可能ですか?

A: デフォルトのindexページ (有効なサイトのホームページ)はVisualforceページです。


Q: どのようにすればCSSを定義できますか?

A: 静的リソースを利用してCSSを定義できます。


Q: どのサイトがどんなフィールドを利用しているかと言った影響範囲を可視化する様なツールはありませんか?

A: これは今後のリリースでサポートされる予定です


Q: Flash/FlexをVisualforceページ上に統合するにはどの方法が最適ですか?

A: flexのコンポーネントはVisualforceでサポートしています。FlexとForce.comと統合するFlex ToolkitがDeveloperForceで公開されています。

Q: Apexコードは不正確なHTMLのバリデーションを行いますか?

A: Force.comは基本的にXHTML準拠なページで生成します。不正なHTMLをが含まれると警告されます。


Q: Sitesを構築するのにVisualforce以外の他のツールを使用する事はできますか?

A: はい。CSS、HTML、JavaScriptが使えます


Q: 最高で25のサイトを持つ事ができるとの事ですが、それぞれのサイトはカスタムURLを持つ事ができますか?

A: はい。 それぞれのサイトは独自のカスタムURLを持つ事ができます。


Q: サブドメインに関する質問です。我々は5社の顧客を我々の組織で別個のサイトによって管理したいと考えています。複数サブドメインをサポートする計画などはありますでしょうか?

A: ロードマップ上にあります。現状でのワークアラウンドとしてカスタムドメイン名を設定し、カスタムWebアドレスフィールドをSitesに設定する事です。


Q: Force.comの内部から、サイトテンプレートを適用したVisualfroceページを公開する前に確認する方法はありますか?

A: 信頼済みIP範囲をSitesのプロファイルに追加すれば、そのIPからだけのアクセスになります。またサイトテンプレートを適用したVisualforceページであっても、Sitesをアクティブにする前に確認する事ができます。


Q: サイトテンプレートが適用されたページをプレビューするカスタムボタンが欲しいです。

A: Visualforceを利用して、$Site.TemplateのようにStaticなApexメソッドと差し込み項目でテンプレートへの参照をおこなうことで実現できます。

制約

Q: Developer Editionでのページビューの制限は?

A: ページビューの制限はありません。帯域として(500MB/1日) と処理時間(10分/1日)の制限があります。


Q: Force.com Sites上でのApexコードのガバナ制限はありますか? 通常のSalesforce CRMやForce.comと同じですか?

A: はい。ガバナ制限は通常と同じです。


Q: なにかオブジェクトへのアクセスに対する制限はありますか?

A: いいえ。Sites詳細ページから公開アクセス設定ボタンをクリックします。そこには各オブジェクトのCRUDアクセスの設定画面があります。標準では、カスタムオブジェクトにはフルのCRUDアクセスが付与され、多くの標準オブジェクトには読み取りと作成権限、その他いくつかの標準オブジェクトは読み取りのみの権限となっています。


Q: Sitesで作成出来るサイトの個数はいくつまでですか?

A: developer edition組織では一つだけ作成する事ができます。プロダクション組織の制限は25となっています。


Q: Developer EditionでForce.comサイトを運用することはできますか。

A: Developer Editionは開発者がサービスの実験をし、アプリケーションやプロトタイプを作成するの為のもので、契約上商用サイトをDeveloper Edition組織で運用できません。


Q: 既存のDeveloper組織を使って既にApexやVisualforceページを作成しています。カスタマーポータルを有効化する事はできませんか?

A: 残念ですが、新しくアカウントをサインアップしてForce.com IDEをりようしてコードを移行してもらう必要があります。


Q: レポートやダッシュボードをForce.com Sitesに配信する機能はありますか?

A: 現在はありません。


Q: なにかオブジェクトを作成する際に制限はありますか?

A: 各EditionのForce.comでの制限と同じです。既存のsalesforce CRMのページの詳細情報を参照して下さい。.


インテグレーション

Q: Sites上でAjaxを利用しSFDCシステム内ではないサードパーティのシステムから情報を取得する事は可能ですか?

A: はい。可能です。


Q: コンテンツをSitesと統合するにはどうすれば良いですか?

A: 現在はサポートしていませんが、今後のロードマップではサポートする予定です。


Q: Windowsマシンにおいて、Internet ExplorerとFirefoxはどちらがForce.comのブラウザとして良いですか?

A: 両方サポートしています。


Q: どれぐらいのページビューが有ったのかを知る為のビューアを得る方法はありますか?

A: ページビューやリクエスト時間、データ転送量などを見ることのできるレポート&ダッシュボードをAppExchangeで提供しています。またGoogle AnalyticsやOmnitureの様なWeb統計アプリケーションを簡単に組み込む事ができます。


Q: Googleアナリティクスなどのアクセス分析をSitesに組み込む事はできますか?

A: はい。 こちらのサンプルを参考にしてみて下さい: http://www.developerforce.com/df08/sites_integrating_google_analytics.pdf


Q: Sites上でクレジットカート処理をサポートする計画はありますか?

A: 現在は未だサポートされていませんが、AppExchangeでPaypalやAmazon DevPayとの統合が公開されています。


可用性とキャッシング

Q: SFDCはメンテナンスの為に定期的にダウンタイムがありますが、皆Webサイトはいつも有効な状態にしておきたいと考えます。 どのようにしてこれをハンドリングしますか?

A: サイトはあなたのForce.com組織に直接保存されています。サイトが有効でない状態に在った時にはメンテナンス中の表示がされます。


Q: どのようにしてWebボットを防ぐ事が出来ますか? 要するにGoogleやYahooなどから隠すには?

A: robots.txtページを利用してコントロールする事ができます。


Q: 帯域制限に達した場合にルールを適用する事はできますか?

A: 現在はそういった機能はありません。リミットの限界に達したあとにEメールを受け取る事になります。是非ideas.salesforce.comにあるideaexchangeでForce.com Sitesエリアに投稿して下さい。


Q: Sites上のパブリックページをキャッシュする事はできますか?

A: 公開に設定された全ての静的リソースは自動的にキャッシュされます。 Cacheパラメータとexpiresパラメータによって期間が設定されたVisualforceページもまたキャッシュされます。


その他

Q: 自身のドメイン名を利用する事はできますか?

A: はい、可能です。しかし最初に必ず組織にForce.comドメイン名を登録する必要があります。これは一度きりの作業です。HTTPセッションを利用する場合はForce.com SitesのURLをあなたのカスタムドメイン名でマスクする事が出来ます。HTTPSセッションを利用する場合はセキュアなForce.com URLを利用する必要があります。


Q: もし望んでいるForce.comドメイン名が利用出来なかったでなかった場合はどうすれば良いですか?

A: ドメイン名の登録は初回にだけ行う簡単で基本的な作業です。しかしForce.com Sitesの利用規約(全ての組織がドメイン名を登録する前に同意する必要があります)には、そのブランド名を所有していないユーザーが登録をしてはならない事がはっきりと記されています。もしあなたがそのドメインの正当なオーナーであると思う場合には、セールスフォース・ドットコムのサポートに問い合わせて下さい。


Q: ブランドの独自性を出したい場合など、どれぐらいのカスタマイズが可能ですか?

A: Force.com SitesはVisualforceページを利用します。それはカスタマイズされたユーザーインタフェースを作成するのに必要なすべての柔軟性を提供する事を意味します。さらにForce.com SitesではシンプルなHTTPエラー(500,503,401,404のような)のインタフェース、サンプルのビジネスロジック、ポータルログインとユーザー登録などを提供しており、これを自由にカスタマイズできます。


Q: Force.com Sitesはシンジケーションフィードをサポートしていますか?

A: はい。"フィードの有効化"のチェックボックスをあなたのSitesで有効にし、フィードSQOLクエリを定義します。パブリックページ上で複数のフィードを提供する事ができます。