Apex テスト

Apex テスト

Apex テストは、ファイル内または [Apex Tests (Apex テスト)] サイドバーから実行できます。このサイドバーは、テストを処理する他の便利な機能も備えています。

Apex テストの解説

[Apex Tests (Apex テスト)] サイドバーにはいくつかの機能があります。ここでは、すべての Apex テストを一覧表示できます。1 つのテストメソッドを実行することも、1 つのクラスの複数のテストメソッドを実行することも、すべてのテストを実行することも可能です。最新のテスト実行の結果を表示できます。さらに、そうしたテスト結果から、コードの対応する行に移動することもできます。このサイドバーにアクセスするには、VS Code ウィンドウの左側にあるビューバーのビーカーアイコン (フロート表示テキスト: [Test (テスト)]) をクリックします(このアイコンが表示されない場合は、VS Code で開いているプロジェクトのルートディレクトリに sfdx-project.json ファイルがあることを確認します)。

選択したテストを実行する場合、[Apex Tests (Apex テスト)] ビューで、テストメソッドまたはクラスの名前にカーソルを置くと、再生アイコンが表示されます。再生アイコン (フロート表示テキスト: [Run Single Test (1 つのテストの実行)]) をクリックして、1 つのテストメソッドまたは 1 つのクラスのすべてのメソッドを実行します。すべてのテストを実行する場合は、[Apex Tests (Apex テスト)] ビューの上部にある大きめの再生アイコン (フロート表示テキスト: [Run Tests (テストの実行)]) をクリックします。

テストの実行後、クラスやメソッドの横にある青いアイコンが、緑のアイコン (テストに合格した場合) または赤いアイコン (テストに不合格の場合) に変わります。テスト実行の詳細を表示するには、サイドバーのテストクラスの名前にカーソルを置きます。

テストクラス、合格したテストメソッド、まだ実行していないメソッドの定義に移動するには、サイドバーの該当する名前をクリックします。失敗したテストメソッドの名前をクリックすると、失敗した assert ステートメントに移動します。

テスト結果をクリアするには、サイドバーの上部にある更新アイコン (フロート表示テキスト: [Refresh Tests (テストの更新)]) をクリックします。

ファイル内からの Apex テストの実行

Apex テストを実行するには、.cls ファイルで、Apex テストメソッドまたはクラスの定義の上にある [Run Test (テストの実行)] または [Run All Tests (すべてのテストの実行)] をクリックします。
[Run Test (テストの実行)] または [Run All Tests (すべてのテストの実行)] コードレンズを使用した Apex テストの実行

テスト実行の結果が [Output (出力)] パネルに表示されます。出力の [Failures (不合格)] セクションには、不合格になったテストのスタック追跡がリストされます。不合格の原因となったコード行に移動するには、Ctrl キー (Windows、Linux) または Cmd キー (macOS) を押して、そのスタック追跡をクリックします。

Apex テストの実行後は、コマンドパレットで 2 つの新しいコマンドを使用できます。[SFDX: Re-Run Last Invoked Apex Test Class (SFDX: 最後に呼び出された Apex テストクラスを再実行)][SFDX: Re-Run Last Invoked Apex Test Method (SFDX: 最後に呼び出された Apex テストメソッドを再実行)] です。

Apex テストの実行時にコードカバー率の結果を取得するには、ワークスペース設定を編集して、salesforcedx-vscode-core.retrieve-test-code-coveragetrue にします。

Feedback or Bugs | Edit this Article