バンドルのプッシュとデプロイ

Managed Runtime でコマースアプリケーションを実行するには、まずターゲット環境にコードバンドルをプッシュして、デプロイする必要があります。

このガイドでは、次の内容について説明します:

  • API キーを設定する。
  • コマンドラインスクリプトを使用して、バンドルを Managed Runtime にプッシュする。
  • Runtime Admin Web アプリケーションを使用して、バンドルを Production (本番) 環境にデプロイする。

Managed Runtime を使用するには、それが組織で有効になっている必要があります。Managed Runtime がまだ有効になっていない場合は、担当の Salesforce アカウントチームまでご連絡ください。コードバンドルを Managed Runtime にプッシュしてデプロイするには、まず Runtime Admin Web アプリケーションへのアクセスをリクエストする必要があります。Commerce Cloud の管理者に連絡し、Account Manager を使用して Managed Runtime User または Managed Runtime Admin の役割のいずれかをアカウントに追加するよう依頼してください。

ホームディレクトリにすでに .mobify ファイルがある場合は、このセクションは省略できます。

バンドルをプッシュする前に、まずコンピューターを認証する必要があります。

以下の手順に従って、パーソナル API キーを検索し、認証プロセスを開始します:

  1. Runtime Admin にログインします。
  2. 右上にあるユーザープロフィールアイコンをクリックし、Account Settings (アカウント設定) をクリックします。
  3. API Key (API キー) セクションまでスクロールダウンし、Personal API Key (パーソナル API キー) を探します。
    • API キーをまだ作成していない場合は、Generate (生成) リンクをクリックします。
    • API キーを作成済みの場合、Reset (リセット) リンクをクリックし、確認を求められたら Reset my API Key (API キーをリセット) をクリックします。
  4. API キーを使用するためのコマンドをコピーします。

セキュリティのため、Account Settings (アカウント設定) ページに戻ったときに、API キーは完全には表示されません。このため、API キーの完全なテキストを再度コピーするには、リセットする必要があります。

コマンドラインから PWA Kit プロジェクトディレクトリに移動し、コピーしたコマンドを実行します。

バンドルのプッシュに使用したい別のコンピューターから、コマンドを再度実行します。

バンドルをプッシュするには、コードを Webpack バンドルにパッケージ化するスクリプトを実行して、Runtime Manager にアップロードします。

プロジェクト構成の検証

最初のバンドルをプッシュする前に、次の手順に従って PWA Kit プロジェクトディレクトリの package.json ファイルが正しく構成されていることを確認します:

  1. Runtime Admin にログインします。
  2. プロジェクトの名前をクリックします。
  3. 左のナビゲーションで Project Settings (プロジェクト設定) をクリックします。
  4. Project ID (プロジェクト ID) の文字列をコピーします。例: my-project
  5. この文字列を package.json.name フィールドに貼り付けます。

環境のプロキシの構成

バンドルをデプロイしたときに正しく動作するように、Runtime Admin で環境のプロキシを設定する必要があります。

プッシュスクリプトの実行

バンドルをプッシュするには、コマンドラインに移動し、プロジェクトディレクトリから以下のコマンドを実行します:

プッシュスクリプトで使用できるその他のオプションを表示するには、npm run push -- --help を実行します。

バンドルのプッシュが正常に完了すると、ターミナルに Beginning upload… というメッセージが表示され、続いて Bundle Uploaded! というメッセージが表示されます。

問題が発生した場合は、Beginning upload… のメッセージの後で、表示される可能性のある 3 つのエラーメッセージのうちの 1 つをターミナルで探します (HTTP レスポンスステータスコードに基づく)。

各エラーメッセージをトラブルシューティングする方法を以下に説明します。

HTTP 404 エラー

HTTP 404 エラーがターミナルに返されるのは、package.json で指定された名前のプロジェクトが存在しないか、このプロジェクトを変更することが承認されていない場合です。

エラーを解決するには:

  1. バンドルをプッシュする手順を繰り返し、プッシュスクリプトに渡す E メールアドレスと API キー設定が Runtime Admin の設定と一致することを確認します。
  2. プロジェクトが Runtime Admin ホームページの Projects (プロジェクト) に表示されることを確認します。
    • プロジェクトが表示されない場合はサポートに連絡して、プロジェクトが作成されていることと、チームメンバーとしてプロジェクトへのアクセスが付与されていることを確認してください。
  3. Runtime Admin でプロジェクトを開きます。
  4. 左のナビゲーションで Project Settings (プロジェクト設定) をクリックします。
  5. Project ID (プロジェクト ID) の文字列をコピーします。例: my-project
  6. プロジェクトディレクトリの内部で package.json を開きます。
  7. nameprojectSlug の両方の値が、コピーしたプロジェクト ID 文字列と一致することを確認します。

HTTP 401 エラー

HTTP 401 エラーがターミナルに返されるのは、バンドルをプッシュする許可が付与されていない場合です。このエラーを解決するには、Commerce Cloud Account Manager 管理者に連絡して、バンドルのプッシュを含むように自分の許可を変更するように依頼してください。

HTTP 413 エラー

HTTP 413 エラーがターミナルに返されるのは、バンドルが大きすぎる場合です。バンドルの最大サイズは 150 MB です。このエラーを修正するには、プロジェクト内のビルドフォルダーを調べ、バンドルのサイズを確認します。プロジェクトが最大サイズに近いか、すでに超過している場合は、以下の方法でサイズを小さくします:

  • 未使用のアセットの削除
  • 不要なアセットの削除
  • 画像の縮小

プロジェクトファイルのサイズを小さくした後に、バンドルのプッシュを再度試みます。

バンドルのプッシュが正常に完了したら、ターゲット環境にデプロイできます。

PWA Kit と Managed Runtime を使用するすべてのサイトでは、各環境にデプロイされたものとして指定できる バンドルは一度に 1 つのみ です。デフォルトでは、各プロジェクトには production という名前の環境が 1 つあります。Runtime Admin または Managed Runtime API を使用して、追加の環境を作成できます。

バンドルをデプロイするには:

  1. Runtime Admin にログインします。
  2. プロジェクトの名前をクリックします。
  3. Environments (環境) で、デプロイする環境の名前をクリックします (例: Production (本番))。
  4. Bundles (バンドル) で、バンドルの横にある Deploy (デプロイ) ボタンをクリックします。
  5. Confirm Deploy (デプロイの確認) をクリックします。
  6. デプロイが完了するまで待ちます。

デプロイが正常に完了すると、バンドルは Deployed Bundle (デプロイ済みのバンドル) という見出しの下に表示されます。

新しい環境に初めてデプロイする場合、このプロセスは最大で 1 時間かかる場合があります。その後のデプロイは、CDN への変更が必要な場合以外は、1 分程度で完了します。CDN への変更には約 15 分かかり、リクエストプロセッサーやプロキシ構成への変更がデプロイに含まれている場合に必要です。