基本コンポーネントの比較

lightning-record*form コンポーネントを比較して、使用事例に適したコンポーネントを探してください。

これらのコンポーネントは、フォームのレイアウトを提供します。項目の表示ラベルは、組織のデフォルト値に基づいた値を使用します。コンポーネントを使用することで、レコードの作成、参照、更新の変更を Apex コードなしで行えます。レコードの更新をキャッシュしてコンポーネント間で共有するために Lightning データサービスが使用されます。

コンポーネントは、ユーザーインターフェース API がサポートするオブジェクトをサポートします。外部オブジェクトと個人取引先はサポートされていません。「相対時間のアラーム」を参照してください。

機能lightning-record-formlightning-record-view-formlightning-record-edit-form
レコードの作成はいはい
レコードの編集はいはい
レコードの表示はいはい
参照のみモードはいはい
レイアウト種別はい
複数列レイアウトはいはいはい
項目のカスタムレイアウトはいはい
レコードデータのカスタム表示はいはい

ほとんどの使用事例で、lightning-record-form は優れた出発点になります。このコンポーネントは lightning-record-view-formlightning-record-edit-form の機能を組み合わせて簡素化したものです。3 つのコンポーネントはすべて、複数列レイアウトをサポートしています。たとえば、<div class="slds-grid"> を使用して列を作ることができます。

レイアウト種別または項目およびモードのどちらかを指定すると、コンポーネントはレイアウト、検証、CRUD 変更、エラー処理を行います。また、lightning-record-form コンポーネントでは、変更のサブミットが成功した後に、編集モードから表示モードに切り替えることもできます。

パフォーマンスが向上するように、できる限りレイアウトではなく項目を指定します。プロビジョニングされた項目をコンポーネントではなくシステム管理者が制御する場合にのみレイアウトを指定します。コンテキストユーザーのレイアウトに割り当てられているすべての項目の受信をコンポーネントで制御する必要があります。

カスタム項目レイアウトとレコードデータのカスタム表示が必要な高度な使用事例では、lightning-record-view-formlightning-record-edit-form を使用します。

カスタムユーザーインターフェースなど、基本コンポーネントよりも高いカスタマイズ性が必要な場合は、「レコードを作成および編集するカスタム UI の作成」「レコードデータの取得」を参照してください。

関連トピック