Outlook および Gmail インテグレーションのコンポーネントの作成

Lightning アプリケーションビルダーで使用できるカスタム Lightning Web コンポーネントを作成し、Outlook および Gmail インテグレーションのメールアプリケーションペインに追加します。

コンポーネントの設定ファイルで、lightning__Inbox 対象を追加し、<isExposed>true に設定します。

対象の lightning__Inbox はコンポーネントにプロパティを追加します。コンポーネントの JavaScript ファイルでプロパティを宣言します。この例では、テンプレートで使用される 3 つのプロパティを宣言します。

コンポーネントのテンプレートのプロパティにアクセスします。

通常、Lightning アプリケーションビルダーでユーザーがコンポーネントのプロパティを設定できるようにするには、コンポーネントの設定ファイルにプロパティを追加する必要があります。ただし、デフォルト値を設定するのではない限り、コンポーネントの設定ファイルに lightning__Inbox プロパティを追加する必要はありません。

データ型: Object

行動の日付。

サポートされているソース: event

データ型: Array

受信者のメールアドレスの単純な配列。アドレスが [宛先]、[差出人]、[CC] 項目のどれに入力されるのか、または受信者がどのような被招集者なのかを考慮しない場合は、このプロパティを使用します。

サポートされているソース: emailevent

データ型: String

行動の場所。

サポートされているソース: event

データ型: String

メールのメッセージ本文 (プレーンテキスト)。HTML 書式設定は保持されません。

サポートされているソース: emailevent

データ型: String

アクセスモード。可能な値: 'view''edit'

サポートされているソース: emailevent

データ型: Object

現在のメールまたは行動の受信者のメールアドレス。people 属性の形状は、source 属性の値によって変化します。source 属性が email に設定されている場合は、people オブジェクトに次の要素が含まれます。

source 属性が event に設定されている場合は、people オブジェクトに次の要素が含まれます。

サポートされているソース: emailevent

データ型: String

可能な値: 'email''event'

サポートされているソース: emailevent

オブジェクト種別: String

メールの件名。

サポートされているソース: emailevent

カスタムコンポーネントをメールアプリケーションペインに正しく表示するには、可変幅に合わせてカスタムコンポーネントを調整できるようにします。「コンポーネントでの幅の認識」を参照してください。

関連トピック