例: 呼び出し可能なアクションの sObject 入力

この例では、Contact オブジェクト入力パラメーターを使用する呼び出し可能なアクションに対して createContactActionEditor というカスタムプロパティエディターコンポーネントを作成します。呼び出し可能なアクションは、フローに追加できる Apex メソッドです。Flow Builder では、管理者はテキスト項目を使用して、呼び出し可能なアクションの Contact 入力パラメーターを設定します。ユーザーがこの例のフローを実行すると、呼び出し可能なアクションで新規取引先責任者が保存されます。

この Apex クラスファイルは、呼び出し可能なアクションとして実行できる createContact メソッドとその入力変数を定義します。@InvocableMethod アノテーションは、呼び出し可能なアクションとして実行できるメソッドを識別します。@InvocableVariable アノテーションは、呼び出し可能なメソッドによって使用される変数を識別します。

呼び出し可能なメソッドは、configurationEditor 修飾子でカスタムプロパティエディターコンポーネントを登録します。組織にカスタム名前空間がなければ、コンポーネントの名前空間は c になります。組織にカスタム名前空間があれば、その名前空間を使用してカスタムプロパティエディターコンポーネントを登録します。この例では、コンポーネントの名前は c-create-contact-action-editor になっています。

CreateContactAction の設定ファイルは次のようになります。

次の HTML、CSS、JavaScript、設定ファイルは、アクションのカスタムプロパティエディターコンポーネント createContactActionEditor を定義します。

コンポーネントの HTML テンプレートは、Flow Builder のカスタムプロパティエディターの UI を定義します。

次の例は、カスタムプロパティエディターの UI を示しています。

Flow Builder で Contact アクションのカスタムプロパティエディターを作成

カスタムプロパティエディターコンポーネントが初期化されると、JavaScript クラスは Flow Builder からフローメタデータのコピーを受信します。システム管理者がカスタムプロパティエディターで値を変更すると、カスタムプロパティエディターコンポーネントはイベントをディスパッチして変更を Flow Builder に反映します。

@api プロパティを使用して、フローのデータを取得します。イベントを使用して、実行時のフローの変更をレポートします。

Flow Builder には、カスタムプロパティエディターと通信するための JavaScript インターフェースがあります。この JavaScript クラスは、inputVariables インターフェースを使用します。

カスタムプロパティエディターが初期化されると、inputVariables は、Flow Builder から呼び出し可能なアクションの入力変数の値を受信します。デフォルト値を type と European_Country_Code__c に設定します。sObject データ型の入力にリテラル値を使用する場合は、Contact などの type 値を指定してください。

inputVariables データ構造には、各入力変数の名前、値、データ型が含まれます。

get contact() メソッドは、カスタムプロパティエディターで使用する入力変数の値を取得します。

システム管理者がカスタムプロパティエディターで入力の値を入力すると、handleContact メソッドは configuration_editor_input_value_changed イベントを Flow Builder にディスパッチします。Flow Builder は、フローでイベントを受信して値を更新します。

createContactActionEditor の設定ファイルは次のようになります。