最初のプロジェクトの作成

最初のプロジェクトの作成

このガイドは、Visual Studio Code を初めて使用する Salesforce 開発者が、無の状態からでも VS Code 向け Salesforce 拡張機能を使用してアプリケーションをリリースできるようにします。

パート 1: プロジェクトの作成

VS Code 向け Salesforce 拡張機能では、開発者の 2 種類のプロセスまたはモデルがサポートされています。ここでは、これらのモデルについて説明します。どちらのモデルも長所と短所があり、完全サポートされています。

組織開発モデル

組織開発モデルでは、Sandbox、Developer Edition (DE) 組織、Trailhead Playground、場合によっては本番組織に直接接続し、コードの取得やリリースを直接行うことができます。このモデルは、Force.COM IDE や MavensMate などのツールを使用してこれまで行ってきたタイプの開発と似ています。

このモデルで開発を始める場合は、「VS Code を使用した組織開発モデル」を参照してください。

ソースが追跡されない組織 (Sandbox、DE 組織、Trailhead Playground など) で開発する場合は、SFDX: Create Project with Manifest コマンドを使用してプロジェクトを作成します。別のコマンドを使用した場合は、このコマンドで作成し直したほうがよい場合があります。

ソースが追跡されない組織で作業する場合は、SFDX: Deploy Source to OrgSFDX: Retrieve Source from Org コマンドを使用します。PushPull コマンドは、ソースを追跡する組織 (スクラッチ組織) のみで機能します。

パッケージ開発モデル

サポートされている 2 つ目のモデルをパッケージ開発モデルといいます。このモデルでは、1 つのパッケージとして組織にリリースされる自己完結型のアプリケーションやライブラリを作成できます。これらのパッケージは通常、ソースを追跡する組織 (スクラッチ組織) で開発されます。この開発モデルは、組織のソース追跡、ソース管理、継続的なインテグレーションやリリースなどを使用した、新しいタイプのソフトウェア開発プロセスに向いています。

新規プロジェクトを始める場合は、パッケージ開発モデルを検討することをお勧めします。このモデルで開発を始める場合は、「VS Code を使用したパッケージ開発モデル」を参照してください。

スクラッチ組織で開発する場合は、SFDX: Create Project コマンドを使用してプロジェクトを作成します。別のコマンドを使用した場合は、このコマンドで作成し直したほうがよい場合があります。

ソースを追跡する組織で作業する場合は、SFDX: Push Source to OrgSFDX: Pull Source from Org コマンドを使用します。スクラッチ組織で RetrieveDeploy コマンドを使用しないでください。

sfdx-project.json ファイル

sfdx-project.json ファイルには、プロジェクトに役立つ設定情報が含まれています。このファイルについての詳細は、『Salesforce DX 開発者ガイド』の「Salesforce DX プロジェクトの設定」を参照してください。

この拡張機能を使い始めるうえで、このファイルの最も重要な要素は sfdcLoginUrlpackageDirectories プロパティです。

sfdcLoginUrl は、組織の承認時に使用するデフォルトのログイン URL を指定します。

packageDirectories ファイルパスは、プロジェクトのメタデータファイルが保存されている場所を VS Code と Salesforce CLI に伝えます。ファイルにパッケージディレクトリを 1 つ以上設定している必要があります。デフォルト設定は以下のとおりです。path という packageDirectories プロパティを force-app に設定すると、デフォルトでメタデータが force-app ディレクトリに格納されます。このディレクトリを src などに変更したい場合は、単に path の値を変更し、参照先のディレクトリが存在することを確認します。

"packageDirectories" : [
    {
      "path": "force-app",
      "default": true
    }
]

パート 2: ソースの操作

スクラッチ組織での開発についての詳細は、「VS Code を使用したパッケージ開発モデル」を参照してください。

ソースを追跡しない組織での開発についての詳細は、「VS Code を使用した組織開発モデル」を参照してください。

パート 3: 本番へのリリース

コードを Visual Studio Code から直接本番にリリースしないでください。deploy および retrieve コマンドは、トランザクション操作をサポートしていないため、リリースの途中で失敗することがあります。また、deploy と retrieve コマンドは、本番へのリリースに必要なテストを実行しません。変更内容を本番にリリースする場合は、パッケージ化を行うか、ソースをメタデータ形式に変換して、metadata deploy コマンドを使用します。

Feedback or Bugs | Edit this Article