AMPscript 関数リファレンス

Api

関数説明
AddObjectArrayItemAPI オブジェクトの配列にオブジェクトを追加します。
CreateObject新しい Marketing Cloud Web サービス API オブジェクトを返します。
InvokeCreateAPI オブジェクトに対して Create メソッドを呼び出します。API ステータスコードを返します。
InvokeDeleteAPI オブジェクトに対して Delete メソッドを呼び出します。API ステータスコードを返します。
InvokeExecuteAPI オブジェクトに対して Execute メソッドを呼び出します。API ステータスコードを返します。
InvokePerformAPI オブジェクトに対して Perform メソッドを呼び出します。API ステータスコードを返します。
InvokeRetrieveRetrieveRequest オブジェクトの API オブジェクトの配列を返します。
InvokeUpdateAPI オブジェクトに対して Update メソッドを呼び出します。
RaiseError文字列で指定されたエラーを発生させて、ジョブの処理を停止します。省略可能な B1 が含まれていて、その値が true の場合、関数は現在の購読者の送信のみを停止します。
SetObjectPropertyCreateObject 関数によって作成されたオブジェクトの値を設定します。

連絡先

関数説明
UpsertContact指定されたプライマリキーとその値を使用して、指定されたチャネルの既存の連絡先を更新します。必要に応じて任意の数の属性名と属性値をリストします。

コンテンツ

関数説明
AttachFileファイルを送信メールメッセージに添付し、メールを Web ページとして表示するときにファイルへのリンクを含めることができます。この機能を使用する前に AMPscript メールの添付ファイルをアカウントで有効にするには、Marketing Cloud アカウントの担当者にお問い合わせください。送信ジョブが途中で停止する原因となるエラーのしきい値を調整する場合も、アカウント担当者にお問い合わせください。この機能を使用すると、1 つのエラーでジョブ全体が停止することを防ぐことができます。
BarCodeURL指定された情報を使用して指定されたバーコードを生成します。この関数は、マトリックス (2-D) バーコードをサポートしません。1 つのメッセージまたはランディングページごとに、この関数を最大 2 回使用します。
BeginImpressionRegionインプレッショントラッキングでトラッキングする領域の開始を示します。
BuildOptionListメッセージ受信者が選択できるオプションのリストを作成します。リストのすべてのオプションの値と表示名を繰り返します。
BuildRowSetFromString指定した区切り記号で文字列を分割して、文字列から行セットを作成します。
BuildRowSetFromXMLXML から行セットを作成します。この関数は、エラー時に空の行セットを返すことができます。この関数は、送信時にのみ使用します。
ContentArea従来のコンテンツの場合は、指定された保存コンテンツ領域に含まれているコンテンツを返します。Content Builder では ContentBlockById を使用します。
ContentAreaByName指定された保存コンテンツ領域に含まれているコンテンツを返します。
ContentBlockbyIdContent Builder の指定された保存コンテンツブロックまたはコードスニペットに含まれているコンテンツ (画像ブロック種別を含む) を返します。これらの関数では、メールメッセージのみがサポートされています。メールまたはモバイルメッセージのテキストのみの部分 (送信者アドレス、送信者名、件名行など) では、コードスニペットブロックを参照します。
ContentBlockbyKeyContent Builder の指定された保存コンテンツブロックまたはコードスニペットに含まれているコンテンツ (画像ブロック種別を含む) を返します。これらの関数では、メールメッセージのみがサポートされています。メールのテキストのみの部分 (送信者アドレス、送信者名、件名行など) では、コードスニペットブロックを参照します。
ContentBlockbyNameContent Builder の指定された保存コンテンツブロックまたはコードスニペットに含まれているコンテンツ (画像ブロック種別を含む) を返します。これらの関数では、メールメッセージのみがサポートされています。メールのテキストのみの部分 (送信者アドレス、送信者名、件名行など) では、コードスニペットブロックを参照します。
ContentImagebyIDContent Builder の画像へのパスが含まれる src 属性のある img タグを返します。ID 値を使用して含める画像を識別します。img タグには、選択された画像の title および alt 情報、および border 値 (ピクセルで測定) と識別された thid 値が含まれます。最初のパラメーターの値が有効な画像にリンクしていない場合、2 番目のパラメーターでデフォルトのオプションとして別の画像値を含めることができます。Content Builder の画像種別のコンテンツでのみ使用します。この関数は、画像ブロック種別では機能しません。
ContentImagebyKeyContent Builder の画像へのパスが含まれる src 属性のある img タグを返します。ID 値を使用して含める画像を識別します。img タグには、選択された画像の title および alt 情報、および border 値 (ピクセルで測定) と識別された thid 値が含まれます。最初のパラメーターの値が有効な画像にリンクしていない場合、2 番目のパラメーターでデフォルトのオプションとして別の画像値を含めることができます。Content Builder の画像種別のコンテンツでのみ使用します。この関数は、画像ブロック種別では機能しません。
CreateSmsConversation指定された MO ユーザーとのカンバセーションを作成します。この AMPscript 関数は、MobileConnect で使用します。この関数は、カンバセーションベースのテンプレート (ダブルオプトインや情報の獲得など) では使用できません。この関数は、常に true 値を返すため、意思決定ワークフローの一部として使用しないでください。
EndImpressionRegionインプレッショントラッキングでトラッキングする領域の終了を示します。
EndSmsConversationMO ユーザーからの SMS 応答の現在のカンバセーションを終了します。この AMPscript 関数は、MobileConnect で使用します。この関数は、カンバセーションベースのテンプレート (ダブルオプトインや情報の獲得など) では使用できません。この関数は、常に true 値を返すため、意思決定ワークフローの一部として使用しないでください。
GetPortfolioItemポートフォリオアイテムのテキスト値を返します。
Imageポートフォリオの画像へのパスが含まれる src 属性のある img タグを返します。外部キー値を使用して含める画像を識別します。img タグには、選択した画像のタイトルと代替情報のほか、ピクセル単位の境界線の値および識別された thid 値が含まれます。
SetSmsConversationNextKeywordMO ユーザーからの SMS 応答に基づいて次のカンバセーションパスのキーワードを設定します。別のカンバセーションパスに現在のキーワードまたは新しいキーワードを使用します。この AMPscript 関数は、MobileConnect で使用できます。この関数は新しいカンバセーションを作成しません。SetSMSConversationNextKeyword は、現在のカンバセーションを、そのカンバセーション全体の一部として使用する次のキーワードに移動します。このカンバセーションをカンバセーションベースのテンプレート (ダブルオプトイン、情報の獲得など) で使用することはできません。
TransformXMLXSL 変換を XML ドキュメントに適用します。
TreatAsContent文字列をコンテンツ領域から取得された文字列のように処理します。これらの文字列に関連付けられたトラッキング情報を取得するには、トラッキングおよび分析用の HTTPGETWRAP コマンドを使用して、HTML コンテンツ内に埋め込まれたリンクをラップします。TreatAsContentArea() 関数を使用して、コンテンツ領域から取得した文字列であるかのように文字列を処理します。
TreatAsContentAreaデータエクステンションまたは他のソースから取得されたコンテンツをコンテンツ領域から取得された固定コンテンツのように処理します。
WAT and WATP指定された外部キーを使用して、Web 解析トラッキング (WAT) パラメーターの値を返します。Marketing Cloud サポートに連絡して、Web 解析コネクタの外部キー値を設定してください。この関数は、送信者プロファイルで設定されたトラッキングパラメーター内の WATP 関数への呼び出しを省略可能なパラメーターで置き換えます。WAT 呼び出しパラメーターでは、定数値または数値を使用する必要があります。変数、属性、フィールド、および関数の値では、目的のリンククエリ文字列パラメーターをジョブレベルで解決できません。

データエクステンション

関数説明
ClaimRowこの関数は、データエクステンションの行を返してロックし、行の要求済みのステータスが変更されるまで、情報が別のコンテキストで使用されないようにします。一致する正しいキーセットが含まれる行が見つかった場合、それらの値を返します。要求された行が見つからなかった場合、要求されていない行にキー値を設定し、その行を返します。まったく行が返されない場合、エラーが発生するように関数を設定するか、結果を無視するか、デフォルトのコンテンツを提供する必要があります。必要に応じて、列名と値のペアを複数指定します。
ClaimRowValueこの関数は、データエクステンションの値を返して行をロックし、値の要求済みのステータスが変更されるまで、情報が別のコンテキストで使用されないようにします。一致する正しいキーセットが含まれる行が見つかった場合、要求された列の値を返します。要求された行が見つからなかった場合、未使用の行を要求しようとします。値が見つからない場合や、値を要求できない場合、指定されたデフォルト値を返します。それ以外の場合は、エラーを返します。必要に応じて、列名と値のペアを複数指定します。
DataExtensionRowCount指定されたデータエクステンションの行数を返します。データエクステンションの行数のカウントのみを行う場合は、Lookup() 呼び出しの代わりにこの関数を使用します。
DeleteData名前と値のペアで指定された列値を使用して、データエクステンションの行を削除します。影響を受ける行の数を返します。この関数は、SMS データでも使用できます。
DeleteDE名前と値のペアで指定された列値を使用して、データエクステンションの行を削除します。値を返すことはありません。この関数は、送信時のメールメッセージでのみ使用します。
ExecuteFilter定義済みデータフィルターを実行し、結果が含まれている行セットを返します。この関数は、ランディングページコンテキストでのみ使用します。データフィルターのデータソースとしてデータエクステンションを使用する必要があります。この関数は、プロファイル属性では機能しません。
ExecuteFilterOrderedRows定義済みデータフィルターを実行し、結果が含まれている行セットを返します。データフィルターのデータソースとしてデータエクステンションを使用する必要があります。この関数は、プロファイル属性では機能しません。この関数では、結果の行セットのソート順や最大行数を制御することもできます。この関数は、ランディングページおよび SMS メッセージでのみ使用します。
Field指定された行の指定されたフィールド、または API オブジェクトのプロパティ値を返します。
InsertDataデータエクステンションの行を挿入します。影響を受ける行の数を返します。この関数は、ランディングページ、MobileConnect の SMS および MMS メッセージ、MobilePush のプッシュメッセージ、GroupConnect のメッセージで使用します。
InsertDE名前と値のペアでリストされた列値を使用して、データエクステンションの行を挿入します。必要に応じて、複数の名前と値のペアを含めることができます。値を返すことはありません。この関数は、送信時のメールメッセージでのみ使用します。値は返されません。この機能は送信時にのみメールメッセージに適用されます。
Lookupデータエクステンションの指定された値を返します。AND 句の一部として複数の追加のフィールドと値のペアを指定できます。
LookupOrderedRows指定された数の行を返します。AND 句の一部として複数の追加のフィールドと値のペアを指定できます。一致する値がない場合、関数は空のセットを返します。
LookupRowsフィールドが指定された値に一致するデータエクステンションの行セットを返します。AND 句の一部として追加のフィールドと値のペアを指定できます。この関数は、最大 2000 行を返します。返される行の数または順序を詳細に制御するには、LookupOrderedRows() 関数を使用します。この制限によりスクリプトのパフォーマンスが向上します。
LookupRowsCSフィールドが指定された値に一致するデータエクステンションの行セットを返します。システムは、文字列の大文字と小文字を区別します。AND 句の一部として追加のフィールドと値のペアを指定できます。この関数は、最大 2000 行を返します。返される行の数または順序を詳細に制御するには、LookupOrderedRowsCS() 関数を使用します。この制限によりスクリプトのパフォーマンスが向上します。
Row指定された行セットまたは配列の指定された行を返します。
RowCount指定された行セットまたは配列の行の数を返します。
UpdateDataデータエクステンションの既存の行を更新します。where 句の作成に使用される列の数、その列の名前と値のペアのリスト、更新される列の名前と値のペアのリストを指定します。影響を受ける行の数を返します。この関数は、ランディングページおよび SMS メッセージでのみ使用します。
UpdateDEデータエクステンションの既存の行を更新します。where 句の作成に使用される列の数、その列の名前と値のペアのリスト、更新される列の名前と値のペアのリストを指定します。値を返すことはありません。この関数は、送信時のメールメッセージでのみ使用します。
UpsertDataデータエクステンションの既存の行を更新します。フィルター列の数、その列の名前と値のペアのリスト、更新される列の名前と値のペアのリストを指定します。その行にデータが存在しない場合、関数は行を挿入します。関数は、影響を受けた行の数を返します。名前と値の複数のペアを含めて、WHERE 句および INSERT 句を作成できます。この関数は、ランディングページおよび SMS メッセージでのみ使用します。
UpsertDEデータエクステンションの既存の行を更新します。フィルター列の数、その列の名前と値のペアのリスト、更新される列の名前と値のペアのリストを指定します。その行にデータが存在しない場合、関数は行を挿入します。関数は、影響を受けた行の数を返します。名前と値の複数のペアを含めて、WHERE 句および INSERT 句を作成できます。この関数は、送信時のメールメッセージでのみ使用します。

日時

関数説明
DateAddタイムスタンプと共に日付と整数の合計を返します。
DateDiff2 つの日付の差分を返します。
DateParse日付文字列の DateTime オブジェクトを返します。
DatePart日付の指定された部分を返します。
FormatDate指定された文字列を日付値として書式設定します。
LocalDateToSystemDateローカル日時の文字列またはオブジェクトをシステム時間に変換します。
Now現在のシステム (サーバー) 日時を返します。トリガーによる送信のコンテンツに含まれている場合、メッセージのトリガーによる送信の定義が開始または再パブリッシュされた時間になります。実際に送信が発生した時間は反映されません。Now() は中央標準時間 (CST) で、夏時間は適用されません。
SystemDateToLocalDateシステム日時文字列またはオブジェクトを Marketing Cloud ユーザーのローカル時間に変換します。

暗号化

関数説明
Base64DecodeBase64 情報を人間が読み取り可能なテキストに復号化します。
Base64Encode人間が読み取り可能なテキストを Base64 情報にエンコードします。
DecryptSymmetricこの関数は、指定されたアルゴリズムと暗号化値を使用して、暗号化されたデータを暗号化解除します。パスワード、初期化ベクトル (IV)、salt の値または有効な外部キーを指定します。Marketing Cloud アプリケーションの [キー管理] セクションで以前にキーを作成している場合、外部キーも使用できます。それ以外の場合、関数はパスワードパラメーターまたは保存値、salt パラメーターまたは保存値、IV パラメーターまたは保存値を使用してパスワードを生成します。初期化ベクトルを渡したり、参照したりしない場合、関数はパスワードパラメーターまたは保存値を初期化ベクトルとして使用します。この関数は、キーで直接指定するか参照する Salt 値と IV 値を 16 進文字列として処理します。文字の各ペアは、より大きな文字列の 1 バイトを表します。これらの値を暗号化文字列として使用しないでください。これらの文字列は、この関数を使用して正常に暗号化解除できません。Base64Encode() 関数と Base64Decode() 関数で EncryptSymmetric() 関数と DecryptSymmetric() 関数をラップすると、最終文字列をプレーンテキストで表示できます。Marketing Cloud 内に含まれているデータに対して使用できる AMPscript 関数は、EncryptSymmetric() と DecryptSymmetric() のみです。Marketing Cloud では、外部またはサードパーティの暗号化および暗号化解除機能と共にこれらの関数を使用することはできません。
EncryptSymmetricこの関数は、指定されたアルゴリズムと暗号化値を使用して、プレーンテキストデータを暗号化します。パスワード、初期化ベクトル (IV)、salt の値または有効な外部キーを指定できます。ユーザーインターフェイスの [キー管理] セクションで以前にキーを作成している場合、外部キーも使用できます。それ以外の場合、関数はパスワードパラメーターまたは保存値、salt パラメーターまたは保存値、IV パラメーターまたは保存値を使用してパスワードを生成します。初期化ベクトルを渡したり、参照したりしない場合、関数はパスワードパラメーターまたは保存値を初期化ベクトルとして使用します。この関数で提供されるすべての出力で Base64 エンコードが使用されます。この関数は、キーで直接指定するか参照する salt 値と IV 値を 16 進文字列として処理します。文字の各ペアは、より大きな文字列の 1 バイトを表します。これらの値を暗号化文字列として使用しないでください。これらの文字列は、この関数を使用して正常に暗号化できません。Base64Encode() 関数と Base64Decode() 関数で EncryptSymmetric() 関数と DecryptSymmetric() 関数をラップすると、最終文字列をプレーンテキストで表示できます。Marketing Cloud 内に含まれているデータに対して使用できる AMPscript 関数は、EncryptSymmetric() と DecryptSymmetric() のみです。Marketing Cloud では、外部またはサードパーティの暗号化および暗号化解除機能と共にこれらの関数を使用することはできません。
GUID新しい GUID を文字列値として返します。
MD5文字列を 16 バイトの MD5 ハッシュ値に変換します。この関数は、16 バイトの MD5 ハッシュ結果の 16 進表現を返します。この一方向のハッシュ変換では、後で暗号化解除することはできません。
SHA1関数で渡された文字列値に基づいて SHA1 ハッシュを返します。SHA1 ハッシュタグは、16 進値を返します。
SHA256関数で渡された文字列値に基づいて SHA256 ハッシュタグを返します。
SHA512関数で渡された文字列値に基づいて SHA512 ハッシュタグを返します。

HTTP

関数説明
HTTPGet指定された URL のコンテンツを返します。この関数は、ポート 80 の HTTP とポート 443 の HTTPS でのみ機能します。標準以外のポート割り当てでは、この関数は失敗します。Marketing Cloud は、Content-Type を介して HTTP ヘッダーに返されるあらゆる文字セットに対応します。たとえば、「Content-Type: text/html; charset=utf-8」をヘッダーに含む UTF-8 エンコードされた HTML ファイルを使用できます。ヘッダーにエンコードが指定されていない場合、アプリケーションは、返されるすべてのデータの文字セットが WindowsCodePage 1252 であるとみなします。このデフォルトを変更するには、Marketing Cloud のアカウント担当者にお問い合わせください。
HTTPPostこの関数は、コンテンツを指定された URL に投稿します。この関数は、ポート 80 の HTTP とポート 443 の HTTPS でのみ機能します。標準以外のポート割り当てでは、この関数は失敗します。Marketing Cloud は、Content-Type を介して HTTP ヘッダーに返されるあらゆる文字セットに対応します。たとえば、「Content-Type: text/html; charset=utf-8」をヘッダーに含む UTF-8 エンコードされた HTML ファイルを使用できます。ヘッダーにエンコードが指定されていない場合、アプリケーションは、返されるすべてのデータが文字セット WindowsCodePage 1252 を使用しているとみなします。このデフォルトを変更するには、Marketing Cloud のアカウント担当者にお問い合わせください。ヘッダー名と値のペアを必要な数だけ含めます。
HTTPPost2この関数は、コンテンツを指定された URL に投稿します。この関数は、ポート 80 の HTTP とポート 443 の HTTPS でのみ機能します。標準以外のポート割り当てでは、この関数は失敗します。Marketing Cloud は、Content-Type を介して HTTP ヘッダーに返されるあらゆる文字セットに対応します。たとえば、「Content-Type: text/html; charset=utf-8」をヘッダーに含む UTF-8 エンコードされた HTML ファイルを使用できます。ヘッダーにエンコード種別が指定されていない場合、アプリケーションは、返されるすべてのデータが文字セット WindowsCodePage 1252 を使用しているとみなします。このデフォルトを変更するには、Marketing Cloud のアカウント担当者にお問い合わせください。名前と値のペアを必要な数だけ含めます。
HTTPRequestHeaderHTTP 要求から指定されたヘッダーを取得します。この関数では、RFC 7231 に記載されている標準 HTTP ヘッダーのみを使用できます。ランディングページでのみ使用します。
IsCHTMLBrowser渡されたユーザーエージェント値が CHTML ブラウザーを表しているかどうかを示します。CHTML ブラウザー (フィーチャーフォンのブラウザーなど) は、HTML の変更されたバージョンを使用して、スマートフォンよりもリソースの少ない小さな画面で情報を表示します。ブラウザーで CHTML を使用しているかどうかを示す true または false の値を返します。この値を使用して、CHTML コンテンツを表示するかどうかを決定します。ランディングページでのみ使用します。
RedirectToクライアントは、属性、データエクステンションフィールド、変数に保存された完全な URL からリンク先を取得するように指定できます。この関数は、HTML メールの <a< タグの href 属性内でのみ使用します。テキストメールにプレフィックス「http://」を含めて、括弧間でスペースを使用していないことを確認します。クリックされたリンクのトラッキング情報を保持するには、AMPscript を介して取得したリンクではなくアンカータグ (<a</a< ) をメール自体に含める必要があります。この関数は、メールメッセージ内のクリック可能なリンクのトラッキング情報のみを提供します。変数に保存された URL と共にこの関数を使用した場合や、クエリ文字列パラメーターの一部としてこの関数を使用した場合、トラッキング情報を取得できません。
URLEncode指定された URL をスペースを %20 に置き換えて返すか、英数字以外のすべての文字を完全にエンコードします。
WrapLongURL関数の文字列パラメーターで指定された長い URL のラップされた URL を返します。975 文字を超える長さの URL のみを変更できます。また、この関数では、Marketing Cloud アプリケーションに実装された機能をラップしている標準リンクは置き換えられません。この関数を使用して、Microsoft Outlook 2007 の長い URL や画像ソースタグなどに含まれる URL に関する既知の制限を緩和します。

計算

関数説明
Add提供された値の合計を返します。
Divide最初の引数を 2 番目の引数で除算した結果を返します。
FormatCurrency指定された文字列を通貨値として書式設定します。指定された形式で使用される小数点以下の桁数が値自体の小数点以下の桁数よりも少なく、残りの数値の合計が 5 以上の場合、この関数は数値を切り上げます。指定された形式で使用される小数点以下の桁数が値自体の小数点以下の桁数よりも少なく、残りの数値の合計が 5 未満の場合、この関数は数値を切り下げます。
FormatNumber指定された形式で使用される小数点以下の桁数が値自体の小数点以下の桁数よりも少なく、残りの数値が 5 以上の場合、この関数は小数を切り上げます。指定された形式で使用される小数点以下の桁数が値自体の小数点以下の桁数よりも少なく、残りの数値の合計が 5 未満の場合、この関数は小数を切り下げます。-9,223,372,036,854,775,808 ~ 9,223,372,036,854,775,807 の範囲外の整数は、指数表記で出力されます。
Mod最初の数値を 2 番目の数値で除算した後の余りを返します。
Multiply2 つの数値を乗算した結果を返します。
Random指定した値の間 (両端を含む) のランダムな整数を返します。
Subtract2 つの整数の差分を返します。

Microsoft Dynamics CRM

関数説明
AddMscrmListMember指定されたマーケティングリストに指定されたレコードを追加します。値は返しません。
CreateMscrmRecord対象エンティティで 1 つの Dynamics CRM レコードを作成します。作成されたレコードの GUID を返します。必要に応じて、複数の名前と値のペアを含めます。
DescribeMscrmEntitiesすべての Microsoft Dynamics CRM エンティティの論理名と表示名を返します。
DescribeMscrmEntityAttributesDynamics CRM エンティティの論理名、表示名、種別を返します。属性に Boolean、ステータス、選択リスト、状態値が含まれている場合、結果にはオプション値と表示値のコンマ区切りリストが含まれます。
RetrieveMscrmRecords複数の CRM レコードを取得します。対象エンティティのフィールドを使用するか、多対 1 の検索属性を使用して関連エンティティからフィールドを選択します。
RetrieveMscrmRecordsFetchXML適切に書式設定されたフェッチ XML クエリを取得し、クエリで指定された属性を返します。
SetStateMscrmRecordこの関数は、指定されたレコードの状態とステータスを設定し、状態のデフォルトステータスのステータス値として -1 を提供します。値を返すことはありません。商談などの一部のエンティティでは、状態を変更するのに特殊な CRM 要求が必要になります。この関数はこのようなエンティティでは機能しません。
UpdateMscrmRecordsMicrosoft Dynamics CRM エンティティの 1 つ以上のレコードを更新します。また、正常に更新されたレコードの数も返します。必要に応じて、対象レコードで更新する属性の複数の名前と値のペアを含めます。
UpsertMscrmRecordこの関数は、Microsoft Dynamics CRM から 1 つのレコードを取得し、名前と値のペアを使用して結果をフィルターします。次に、指定されたソートフィールドとソート順を使用して、結果をソートします。このプロセスでは、該当する名前と値のペアを使用して、見つかったレコードを更新します。レコードが見つからない場合、提供された名前と値のすべてのペアを使用してレコードを作成します。この関数は、更新または作成されたレコードの GUID を返します。

Salesforce

関数説明
CreateSalesforceObject連携された Salesforce アカウントでレコードを作成し、作成されたレコードの ID を返します。この関数は、Salesforce アカウントと連携されたアカウントでのみ機能します。
LongSFID短縮された 15 文字の Salesforce ID から 18 文字の Salesforce ID を返します。
RetrieveSalesforceJobSources指定された ID のジョブの SourceID、SourceType、IsInclusionSource 列と共に行セットを返します。この関数は、Marketing Cloud との Salesforce 連携のバージョン 2 でのみ機能します。この関数はジョブ自体のステータスに関する情報を返しません。たとえば、この関数では、開始されてキャンセルされたジョブと同じ情報が、完了したジョブから返されます。この情報を、送信が完了したことを保証する情報として使用しないでください。この関数はデータを行セットとして返すため、データを評価するには Row() と Field() を使用します。
RetrieveSalesforceObjects指定した条件に一致する Salesforce オブジェクトの選択された情報が含まれる行セットを返します。この関数は、Salesforce アカウントと連携されたアカウントでのみ機能します。必要に応じて、序数 3、4、および 5 の複数のセットを含めて情報を取得します。この関数はデータを行セットとして返すため、データを評価するには Row() と Field() を使用します。
UpdateSingleSalesforceObject連携された Salesforce アカウントのオブジェクトのレコードを更新します。AND 句の一部として複数の追加のフィールドと値のペアを指定できます。成功した場合は 1、失敗した場合は 0 を返します。

サイト

関数説明
AuthenticatedEmployeeID認証済みランディングページユーザーの従業員 ID を返します。送信者認証リダイレクトを使用する場合、マイクロサイトでのみこの関数を使用します。CloudPages では使用しません。
AuthenticatedEmployeeNotificationAddress認証済みランディングページユーザーの通知用メールアドレスを返します。送信者認証リダイレクトを使用する場合、マイクロサイトでのみこの関数を使用します。CloudPages では使用しません。
AuthenticatedEmployeeUserName認証済みランディングページユーザーのユーザー名を返します。送信者認証リダイレクトを使用する場合、マイクロサイトでのみこの関数を使用します。CloudPages では使用しません。
AuthenticatedEnterpriseID認証済みランディングページユーザーのエンタープライズ ID を返します。送信者認証リダイレクトを使用する場合、マイクロサイトでのみこの関数を使用します。CloudPages では使用しません。
AuthenticatedMemberID認証済みランディングページユーザーのメンバー ID を返します。送信者認証リダイレクトを使用する場合、マイクロサイトでのみこの関数を使用します。CloudPages では使用しません。
AuthenticatedMemberName認証済みランディングページユーザーのメンバー名を返します。送信者認証リダイレクトを使用する場合、マイクロサイトでのみこの関数を使用します。CloudPages では使用しません。
CloudPagesURLユーザーがアカウントのメールメッセージから CloudPages URL を参照する方法を提供します。メールでこの関数を使用し、URL を介して暗号化されたクエリ文字列で情報を渡します。たとえば、1 つの購読取り消しセンターまたはプロファイルセンターを共有し、送信される任意のメールメッセージで使用できます。この方法では、クリアテキストで購読者情報または値を渡すことなく、暗号化されたクエリ文字列で情報を渡します。
IsNullDefaultnull でない場合にテストデータを返します。null の場合、関数は指定された値を返します。Smart Capture フォームでは、この関数を使用して、空白または存在しない Smart Capture フォームの値の場合にデフォルト値を返します。
LiveContentMicrositeURLマイクロサイトでホストされるクーポン名を参照してマイクロサイト URL を返す手段を提供します。
MicrositeURLEnterprise 2.0 アカウントの最上位レベルのビジネスユニットのランディングページ URL を同じ Enterprise 2.0 アカウント内の子ビジネスユニットのメールメッセージから参照する手段を Enterprise 2.0 ユーザーに提供します。メールでこの関数を使用し、URL を介して暗号化されたクエリ文字列で情報を渡します。たとえば、最上位アカウントからの 1 つの購読取り消しまたはプロファイルセンターページを共有し、そのアカウント内の任意の子ビジネスユニットから送信するメールメッセージ内でそれらを使用できます。この方法では、クリアテキストで購読者情報または値を渡すことなく、暗号化されたクエリ文字列で情報を渡します。
QueryParameter定義されたキーに基づいてクエリ文字列から値を取得します。この関数を使用して、その URL でサイトにアクセスしているユーザーの情報を提供します。
Redirect受信者のブラウザーを指定された URL にリダイレクトします。
RequestParameterランディングページ URL のクエリ文字列に渡された、またはフォーム投稿で渡されたパラメーターの値を返します。

ソーシャル

関数説明
GetPublishedSocialContent領域 ID で指定された、ソーシャルネットワークで共有するコンテンツを返します。ランディングページまたはソーシャル転送機能でのみ使用します。
GetSocialPublishURL検索テーブルからソーシャルネットワークの URL を取得し、メールから共有されるコンテンツで使用するそのソーシャルネットワークへのリンクを作成します。省略可能なパラメーターのペアは、ShareThis パブリッシャー ID 番号やログインなどの追加情報を参照します。複数の名前と値のペアを含めることができます。この関数は、ソーシャル転送機能と共に使用します。
GetSocialPublishURLByNameパブリッシュコンテンツページへの URL を返します。サイト名、国コード、領域 ID、および省略可能なパラメーター情報 (ShareThis ID 情報など) のペアを含めます。複数の名前と値のペアを含めます。Marketing Cloud のソーシャル転送機能で使用します。

文字列

関数説明
Char最初のパラメーターの ASCII 文字コードで指定された ASCII 文字を返します。省略可能な 2 番目のパラメーターでは、ASCII 文字を何回繰り返すのかを指定します。
Concat引数で指定された文字列を連結します。必要に応じて任意の数の値を含めます。
Format指定した文字列に基づいて値を書式設定します。
IndexOf変数で文字列が発生する文字位置を返します。インデックス番号は 1 から始まります。
Length指定された文字列の文字数を返します。
Lowercase指定された値をすべて小文字にして返します。
ProperCase指定された文字列を各単語の最初の文字を大文字にして返します。
RegExMatch正規表現を使用して、文字列の情報を検索できます。.NET RegexOptions 列挙の値 (IgnoreCase や Multiline など) を使用します。
Replace変数の任意の場所で見つかった最初の文字列値を 2 番目の文字列値に置き換えます。
ReplaceList文字列値から指定した 1 つ以上の文字列を検索し、それらの値を別の文字列値に置き換えます。
StringToDateユーザーの現在の設定で日時文字列を解析し、.NET 日時オブジェクトを返します。
StringToHex文字列値を構成する 16 進文字列 (バイト) を返します。
Substring指定された文字列の一部 (指定された文字位置から開始される、指定された長さ以内の部分) を返します。指定された文字位置が指定された文字列の長さを超えると、関数は空の文字列を返します。
Trim先頭または末尾にスペースが削除された文字列パラメーターの値を返します。
Uppercase指定された値をすべて大文字にして返します。

ユーティリティ

関数説明
AttributeValue購読者属性の値を返します。
Domainメールアドレスのドメイン部分を返します。
Empty値が空の文字列または NULL の場合に True を返します。
IIf最初のパラメーターが True に評価された場合、2 番目のパラメーターを返します。最初のパラメーターが False に評価された場合、3 番目のパラメーターを返します。
IsEmailAddress渡された文字列値に有効なメールアドレスが含まれているかどうかを示す true または false の結果を返します。この関数は、アプリケーションの残りの部分と同じメール検証ロジックを使用します。
IsNull指定されたパラメーターが null の場合、true の値を返します。
IsPhoneNumber渡された文字列値が有効な電話番号であるかどうかを示す true または false の結果を返します。この関数は、アプリケーションの SMS コンポーネントと同じ電話番号検証ロジックを使用します。
Outputコードブロック内で実行される AMPscript コード (Concat() や V() など) の結果を返し、表示されるコンテンツ内に結果を含めます。関数は、渡された直接リテラルを返しません。
OutputLineコードブロック内で実行される AMPscript コードの結果 (Concat() や V() など) を返し、表示されるコンテンツ内に結果を含めます。また、関数は結果の後に CRLF を追加します。関数は、渡された直接リテラルを返しません。
V変数の値を出力します。